歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

新卒者の多くは学生の間に就職活動を行い、内定をもらって、この春、晴れて新社会人として働き始めたという人がほとんどでしょう。 歯科衛生士の場合も同じです。歯科衛生士を養成する専門学校や短期大学で学び、就職活動を行い、国家資格に合格すると晴れて、歯科衛生士として歯科医院などで働くことができるようになります。 歯科衛生士としての一歩を踏み出す職場で、緊張したり、不安になったり、院長や先輩の歯科衛生士、同僚、そして患者さんとなかなか上手くコミュニケーションが取れずに、一日がとても長く感じて疲労も溜まってしまいます。 とここで、中には、就職したばかりだけど、もう既に辞めたいという人も出てきているのではないでしょうか。 ・就職して、すぐに出てくる辞める理由 就職したばかりなのに、すでにもう辞めたいという人の辞める理由はどんな理由があるのでしょうか。 ▲職場の雰囲気が合わない ▲院長や先輩、同僚とのコミュニケーションが上手く取れない ▲患者さんとのコミュニケーションが上手くいかない ▲仕事内容自体が自分に合わない ▲雑用が多い などでしょうか。就職したばかりで、何を言っているんだと言われてしまいそうですが、実際に感じている本人にとっては、こんなはずではなかった、仕事に行くのが辛いなど、苦しいことも多いのではないでしょうか。 ・早期退職をするリスクを考える 職場の雰囲気が合わない、先輩や患者さんと上手くコミュニケーションが取れないことが辞める理由となると、早期退職を考え始めます。 ですが、わずか数週間、数ヶ月程度で退職をし、転職をしてしまうと、その後のキャリアに悪影響を及ぼしかねません。 特に新卒の場合は、内定していた就職先を退職して、転職をしてしまうと、新卒なのにどうして?と転職先の面接官に勘ぐられてしまう可能性が出てきてしまいます。 根気がないのでは?本人に問題があるのでは?と履歴書を見ただけでネガティブな印象を与えてしまうことになり、それが原因で不採用になってしまう可能性も捨てきれません。 ・まずは様子を見てみましょう 就職したばかりで、既に辞めたいと思う場合には、まずは落ち着いて様子を見てみましょう。新しい環境に入ったばかりのころは、どうしても嫌なところも目につきやすい状態にあります。少しだけ立ち止まって、その職場の良いところに目を向けてみるように努力してみましょう。 就職したばかりなのに、すでに辞めたい人の中には、職場が合わないと感じ、辞める理由になっている人がいるのではないでしょうか。 でも、ちょっとまずは立ち止まって考えてみてください。

専門学校や短期大学などで専門知識や技術を学び、晴れて国家試験に合格すると歯科衛生士の国家資格が与えられ、歯科医院などで働くことができるようになります。 歯科衛生士の就職先として一番多いのが、歯科医院ですが、歯科医院に就職する時に気になるのが、健康保険についてではないでしょうか。 歯科医院の求人を見ると、社会保険完備というところもあれば、福利厚生にそういった記載はなく、自分で国保に加入する必要がある場合もあります。また歯科衛生士には、歯科医師国保というものもあり、それぞれの違いについて知っておきましょう。 ・社保に加入する 社保に加入する場合は健康保険と厚生年金がセットになります。運営者は協会けんぽや各社会保険組合です。 社保の保険料は原則として加入者と歯科医院が折半します。歯科医院が社保を完備していれば、アルバイトでもパートでも加入することができます。認定の範囲内で親族を扶養にすることができ、人数が増えても保険料は変わりません。 ただし、歯科医院が社会保険に加入していない場合は社保に加入することができず、国保を選択しなければなりません。 ・国保に加入する 個人事業主や無職の人、その他の保険制度に属していない人が加入します。運営者は市町村役場の国民健康保険窓口です。 国保の保険料は世帯単位で加入者の数や年齢、収入などによって算出されており、社保は企業と加入者が折半するので保険料も国保に比べると安くなるとイメージする人も多いのですが、実際にはどちらがお得になるなどの違いはありません。 また社保と違って扶養という概念がありません。 ・歯科医師国保に加入する 歯科衛生士が歯科医院で働く際に加入することができるのが、歯科医師国保です。 歯科医院で働く歯科衛生士と、その家族が加入することができる保険制度になっています。 歯科医師国保を運営する組合は複数あり、働く地域によって加入することができる組合が異なります。 歯科医師国保に加入することで所得などによって保険料が増減する国保よりも少ない保険料の負担で済むことが多く、健康診断や予防接種などの福利厚生なども充実しています。ただし、自分が勤務している歯科医院では健康保険を使用することができません。 このように、一般的には社保に加入するのが、何かとメリットが多いと思われているのですが、就職する歯科医院に社会保険が完備されていなくても、国保や歯科医師国保という選択肢があり、大きな違いはほとんどないので、社会保険完備以外の歯科医院も就職先として選択肢に入れることができるのではないでしょうか。

歯科衛生士に限らず、企業などの面接で新卒ではなく中途採用になる場合には、履歴書に添って1つ1つ経歴について質問することがほとんどでしょう。その中で面接をする側が気になるのが、これまでの職場をどんな理由で退職してきたのか?ではないでしょうか。退職理由はどうしてもネガティブな印象になってしまい。場合によっては前の職場の愚痴や悪口などに繋がることから、応募者もあまり具体的には話してくれません。 ですが、これから採用するに当たって、前の職場と同じような理由で退職されては困りますし、トラブルの元になるのも採用する側にとっては避けたいものです。 そこで、本音の退職理由を上手く引き出す方法を考えてみましょう。 ・一身上の都合 退職理由を質問した際に、回答として多いのが「一身上の都合で」という回答です。 退職時の退職届や転職時の履歴書に定型句として使用されている言葉ですが、一身上の都合によりの意味としては、その人の身の上や境遇などに関することで、個人的な問題や事情によるものです。 病気や結婚、出産や介護などが理由になっている場合もあるでしょう。人間関係のトラブルや業務への不満、待遇への不満などもあるでしょう。 労働基準法では退職理由を応募先に伝える必要はないとしており、個人的な事情である場合には一身上の都合としか書かないことがほとんどですし、前職でも退職理由を言わないからと言って退職させないということは出来ないのです。 ・それでも退職理由を知りたい場合 無理に前の職場の退職理由を聞き出すことはできません。 ですが、面接の中で「一身上の都合で」、「個人的な理由で」と回答が合った場合に、自然な流れで、例えば、待遇や人間関係など限定的な質問を投げかけることで、「はい」という回答を得ることができれば、そこから具体的に話を掘り下げることができます。「なぜ?」、「どうして?」、「どんな?」という広い意味での質問よりも、限定して質問を投げかける方が回答者は答えやすくなります。 ・どうしても回答してもらえない場合 限定して質問を投げかけても、中にはどうしても退職理由を答えなければならないのか?と逆に質問で返されることもあるでしょう。 そんな時には、退職理由を無理に聞き出すのではなく、退職を告げた際にスムーズに退職することが出来たのか?など、前職の職場環境でのその人の立ち位置などを探ってみるのもよいでしょう。 退職理由から選考のための評価をする場合には、ネガティブな理由から当たり障りのない回答をすることが多く、なかなか本音を聞き出すことができないものですが、退職理由にこだわりすぎず、採用したい人材かどうかを見極めることを優先しましょう。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科衛生士という職業は、専門学校や短期大学などで専門知識や技術を学び、国家資格を取得すると、その後の更新などはないため、一生モノの資格と言えます。また歯科衛生士の資格を取得することで歯科医院や大学病院、企業や行政機関など就職先が豊富にあるので、就職や転職に困るということもほとんどありません。ただし、離職率が高いのも歯科衛生士ならではと言えるでしょう。というのも、女性が多い職業として挙げられることが多く、結婚や出産、育児などを機に離職する人が多いのです。この他にも様々な辞める理由によって転職を繰り返している人も多く存在します。 女性が多い職場ということもあり、結婚生活や育児などが落ち着いて復帰をする人もいるでしょう。ですが意外にも復帰直後に辞める理由が出てきてしまう人もいるようです。 ・歯科衛生士は復帰が難しい?? 町の歯医者さんなど、就職先はたくさんありますし、パートや正社員など働き方も選択肢が広いのですが、結婚や出産、育児などを機に一度離職した場合、復帰後の働く環境が整っていないことがほとんどです。 パートや正社員など働き方を選ぶことが出来るとは言っても、近年では診療時間の延長や土日祝日の診療を行う歯医者さんも増えており、家庭環境を重視する場合には復帰をしても希望となかなか一致せずに、再び離職せざるを得なくなってしまいます。 ・再研修制度がないまま復帰することで 何らかの理由によって一時的に離職することで、臨床から離れてしまうと技術面で再習得期間が必要になります。再就職を希望する多くの歯科衛生士は、研修を希望するのですが、ほとんどの歯科医療機関に再就職プログラムなどがないことから、復帰を果たしても技術面などで不安を抱えながら仕事をすることになります。これがストレスになり、辞める理由になることもあるようです。 解決方法としては、復帰支援や支援研修に力を入れている医院などを選ぶことで安心して復帰することができますが、なかなかそういった医院が少ないのが現状です。 ・一緒に働く歯科衛生士が若い 歯科衛生士ならではの職場環境とも言えるのが、一緒に働く歯科衛生士が若いということです。実際に復帰をしたら、専門学校や短期大学を卒業したばかりの子たちと仕事をしているという人も珍しくはありません。話が合わないなどの理由から、辞める理由になってしまう人もいるようです。 若い人を雇うことで給与を安く抑えることができるなどの、歯科医院の経営的な観点や子育てと仕事を両立することが難しいことから、若い女性が多い傾向にあるようです。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科衛生士と言えば、町の歯医者さんで歯科医師の治療のサポートをしたり、患者さんの口の中に直接触れて歯科予防などを行ったり、食事などの面で虫歯予防のための指導を行う職業です。 中には歯医者さんに行くと歯科医師よりも、歯科衛生士と触れ合う機会の方が多いという人もいるのではないでしょうか。 そんな身近な職業である歯科衛生士には、歯科医院の求人の他に、様々な働き方があり、それに伴った求人があります。 ・公務員として働く 公務員として働くことが出来る歯科衛生士の求人として多いのが、公立病院や保健センターなどの求人です。 保健センターや保健所などの行政機関で働く場合には、地域医療に対する業務が主となります。保健センターなどで行われる口腔の健康相談や衛生指導、検診などが多く、歯科疾患予防の啓蒙活動などもあります。 公立病院で働く場合には、国立大学の附属病院や市立病院、県立病院など地方自治体が運営する病院が勤務先になります。病院内での仕事は外来業務、病棟業務に分かれており、患者さんの口の中のケアや歯科医師のサポートを行います。 公務員として行政機関や公立病院などで働くことで、退職金やその他の福利厚生が充実していることがメリットとして挙げられるのですが、公務員として働く歯科衛生士の数は少なく、退職などでの欠員も多くはないことから、通常の歯科医院の求人に比べると求人数が、圧倒的に少ないので募集を見つけるのは容易ではありません。公務員としての求人を探す場合には、都道府県や市区町村のホームページを、こまめにチェックしてみましょう。 ・企業で働く 歯科医院や公務員以外の選択肢として企業で働くという選択肢があります。 求人を出している企業としては、歯科関係の消耗品や歯科材料のメーカーなどがあります。企業に就職することで、給与や休日、福利厚生、勤務時間などメリットになることが多いのですが、歯科衛生士としてではなく、口腔ケアなどの知識がある社員としての扱いになることがほとんどなので、歯科衛生士としてのスキルアップを望むことは難しくなり、後々歯科医院などへの転職を考える際には、復帰が非常に難しいと言われています。企業への就職を選択する場合には、一般企業と臨床現場がかけ離れてしまうことを認識しておかなくてはなりません。 ・海外で働く 歯科衛生士として海外で働く場合、日本で取得して資格は海外では認められていません。 つまり海外で歯科衛生士として働く場合には、現地に行って歯科衛生士としてではなく歯科助手として雇ってもらうケースが多くなります。 また海外で働く場合には、就労ビザなどの取得も必要になります。もし海外でチャレンジしたいと考えている場合には、海外ボランティアに参加して1から始めてみるのもよいのではないでしょうか。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

科衛生士は、結婚や妊娠を期に退職をしても、比較的復帰がしやすい職業と言えます。独身時代に歯科衛生士として働いていて、子育てなども一段落したところで、仕事復帰を考えている歯科衛生士の方も多いのではないでしょうか。 一般的なサラリーマンの奥さんが歯科衛生士として仕事復帰する場合、考えなくてはならないのが、「扶養」です。 夫の扶養になることで、配偶者控除を受けることができるので、夫の所得税や住民税など、税金の負担が軽くなります。 夫の控除対象配偶者として認められるためには ・納税者本人と生計を共にしていること ・給与やパート収入の場合、年間の所得合計が38万円以下であること ・他の親族の扶養親族になっていないこと などの条件があります。 とここで気になるのが、年間の所得合計ではないでしょうか。 38万円となっていますが、扶養の範囲で働く際には、103万円を超えなければいいのでは? 130万円という数字も聞いたことがあるけれど。 など、いったいどれが自分に関係する数字なのか、違いもよくわからないという人も多いのではないでしょうか。 ・基本的に扶養の範囲には2つの壁がある 夫の社保に扶養親族として加入し、扶養の範囲内で歯科衛生士として働く場合には、2つの壁の違いについて知っておかなければなりません。 扶養の範囲で働く際には ・税金面・・・103万円の壁 ・社保の面・・・130万円の壁 があります。 税金面の103万円の壁は、配偶者控除のことです。配偶者控除の対象になるためには、年間の合計所得が38万円以下の人となっていました。 38万円と103万円。 どうしてこんなにも金額に違いがあるのか?についてですが、38万円は所得で103万円は収入となります。収入から給与取得控除の65万円を差し引いたものが所得となるので、 所得38万円+給与取得控除65万円=収入103万円 となります。 社保の面の130万円の壁は、社保に加入しているサラリーマンの妻は年収130万円以下であれば、健康保険の被扶養者になることができ、第3号被保険者となるので国保の国民年金の保険料を納める必要がなくなります。 ・扶養の範囲を超えるとどうなるの? まず収入が103万円を超えてしまう場合には、配偶者控除がなくなります。 ただし、103万円を超えても141万円以下であれば、配偶者特別控除があるので、収入が増えた分以上に、控除が減ることはありません。 ですから、働いても損ということにはならないのです。 次に130万円を超えてしまった場合には、夫の社保ではなく、自分で社保や国保などの健康保険に加入し、厚生年金や国民年金にも加入する必要があります。 社保や国保の保険料も負担しなければならなくなります。こうなると手取りなどにも違いが出て来るので、負担が増えたと感じる場合もあるでしょう。 扶養の範囲を超えて収入がある場合には、夫が勤務している会社で再年末調整があれば、年末調整の出し直しをすればいいのですが、再年末調整がない場合には、夫が確定申告で確定申告をしなければなりません。扶養親族に収入がある場合には、本人ではなく夫が確定申告を行う必要があります。 もし何の手続きもなく、放置してしまっていると、税務署から追納を求められてしまいます。 夫の会社経由で追納を求められることになるので、会社によっては夫の立場上あまりよくない場合もあるでしょう。また追納になった場合には金利も高くなってしまうので、早めに手続きを行なっておきましょう。 ・夫の社保から脱退する場合 130万円の収入を超えてしまうと、夫の社保に扶養親族として加入し続けることはできません。 ですから自分で、社保や国保などに加入して保険料を支払う必要が出て来るのですが、この場合、年収が130万円から150万円程度になると、手取り額は減少してしまうことから、この間の年収になるのであれば、あえて130万円未満に年収を抑えておく方がお得になるという考え方もあります。 歯科医院で歯科衛生士として勤務する際に、パートやアルバイトという勤務形態になるのであれば、時給や勤務日数、勤務時間などによって調整をかけてくれる歯科医院も多くあるので、相談するのもよいでしょう。 歯科衛生士は比較的時給も高くパートやアルバイトでも、ある程度のシフトをこなすことで簡単に夫の扶養の範囲を超える収入になってしまうことも多くあります。 ですから、103万円の壁と130万円の壁の違いや扶養を外れて国保などに加入した場合に、どのくらいの負担になるのかなどしっかりと押さえて、仕事復帰を考えましょう。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

インターネットサーフィンをしていると、WEB広告に歯科衛生士の派遣の求人広告が掲載されていることがあります。 このWEBの求人広告を見て、歯科衛生士の時給ってこんなに高いの!?と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。また現在、歯科衛生士として歯科医院で働いている人の中には、この求人広告がとても魅力的に感じてしまうということもあるのではないでしょうか。時給の他にも、「土日祝日休み」、「9時17時OK」など、魅力的なフレーズが求人広告に書いてあることも多いので、どうしても今の職場の勤務条件などと比べてしまいます。 ・歯科衛生士の派遣って多いの? 歯科衛生士の他にも、医師や看護師、助産師など、医療関連の資格を持った人向けの派遣広告は多く見かけます。 ですが実は、派遣法では医療従事者の派遣は禁止されているのです 医師や看護師、栄養士や保健師、助産師や薬剤師なども同じく禁止の対象となっています。 とは言っても例外もあり、紹介予定派遣・産前産後休業、育児休業、介護休業中の代替業務・就業場所が僻地や離島で都道府県の医療対策協議会が認めた場合に限り、派遣が認められています。 基本的にインターネットで見かける派遣の求人広告は、紹介予定派遣もしくは代替業務となっていることがほとんどです。 ・派遣の時給が高い理由 派遣会社によって時給は様々ですが、やはり直接雇用をしてもらうのに比べると、派遣で働く方が時給が高くなる傾向にあります。 歯科医院は、歯科衛生士がもらう時給プラス派遣会社に払う派遣費用なども一緒に支払っているので、派遣で働く以上、自分がもらっている以上に歯科医院はお金を支払っていると認識しておかなければなりません。 また派遣であることから時給は高いのですが、直接雇用ではないのでボーナスやインセンティブ、手当などは支払われないことがほとんどです。中には、交通費なども時給に含まれていることもあるので、求人の内容などは派遣会社と一緒に、しっかりと確認しておきましょう。 ・紹介予定派遣は就職することが前提 紹介予定派遣は、その歯科医院で働いてみて、よかったらそのまま就職するという考えを持っている人も多いのですが、紹介は就職が予定された派遣となるので、派遣で働いた結果あまりよくなさそうだからと言う理由で簡単に就職を断ることはできません。 派遣終了後は、直接雇用で働いてくれることを前提に、歯科医院は高いお金を支払って派遣を選択肢しているのですから、就職を断ってしまうとトラブルに発展する可能性もるので、派遣なら気楽に働けて、嫌になったら辞めればいいと考えるのは止めましょう。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

採用するかどうかを判断するために行う面接試験では、採用する側が採用される側に様々な質問をします。 歯科衛生士を採用する歯科医院でも、質問によって応募者の人となりや仕事に対する意気込みなどを見ているでしょう。 ですが採用面接で、聞いてはいけない質問があることを知っていますか? ・厚生労働省が定める公正な採用選考の基本 厚生労働省では、就業の機会均等を確保することを目的として、 ・応募者の基本的人権を尊重すること ・応募者の適性・能力のみを基準として行うこと を基本的な考え方として採用選考を行うことを求めています。 ですから、この基本的な考え方に反する質問を採用面接でしてしまうと、法令違反になり、罰則が与えられてしまうものもあるので、採用面接をする側は注意が必要です。 ・どんな質問がNGなのか? では、どんな質問がNGとなるのでしょうか。 ▲応募者に責任のないこと 本籍や出生地、家族の職業や続柄、健康や学歴、収入や資産など、また住宅の状況や生活環境、家庭環境に関することです。 親の職業や育った環境などを聞くことで、だいたいの家庭環境などを推測することができ、応募者の人となりを知ることができると考え、質問をすることも多いのが家族の話などですが、本人の適性や能力には関係のないことであり、面接官の一方的な思い込みとして問題とされます。 ▲応募者が自由であるべきこと 宗教や支持政党などがこれにあたります。宗教や支持政党を直接質問することは、あまりないのですが、この他に、人生観や尊敬する人物、思想に関することなどがあります。 本来自由であるべきものとして、偏見や差別に繋がる原因になると考えられる内容は、質問することはできませんし、実は、愛読書を質問するのも、思想に関することなのでNGとされています。 何気なく緊張を和らげるために面接で行った世間話の中で、こんな質問をしているという採用担当者もいるのではないでしょうか。 軽い気持ちで聞いてしまいがちな質問もありますが、NGとなっているものは多くあります。 基本的には、仕事とは関係のない質問はしないという認識を持っておきましょう。 ・面接の質問はマニュアルを作成しておきましょう 現代の日本では、インターネットが広く普及していることから、うっかり不適切な質問をしてしまうと、瞬く間にSNSなどで拡散されてしまう可能性があります。 ですから、面接を行う際には事前に質問項目を作り、関係者で共有することが大切です。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

京都府歯科医師会の京都府下における歯科衛生士の実態調査報告では、65%以上の歯科衛生士が平均1回~3回、転職や退職をしていることがわかっています。 また他には、10年以上同じ職場で働く歯科衛生士は全体の5%ほどしかいないなど、離職率の高さがわかり、転職や退職が他の職業に比べてもより身近なものであることがわかります。 ではなぜ、歯科衛生士という職業はこんなにも離職率が高いのでしょうか。歯科衛生士を取り巻く環境の中に、そんなにたくさんの辞める理由があるのでしょうか。 ・女性が多い職場 歯科衛生士と言えば女性が多い職業だということは多くの人がイメージするのではないでしょうか。 実はこれには理由があります。 「厚生労働大臣の免許を受けて、歯科医師の直接の指導の下に、歯牙及び口腔内の疾患の予防処置として次に掲げる行為を行うことを業とする女子をいう。」 これは、昭和23年に出来た歯科衛生士法です。現在では、男性の資格取得も可能となっていますが、歯科衛生士法が出来た当初は、女性のみの職業とされており、女性しかいなかったのです。 現代ではごく稀に男性の歯科衛生士も見かけることがあるのですが、やはり女性が多い職場というのは、あまり変わっていません。 ・女性が多いのが辛いと感じる 歯科衛生士が辞める理由としてよく挙げるのが、人間関係が関係するものです。 結婚や妊娠、出産などが、辞める理由として多いのですが、2番目に挙げられるのが人間関係によるものです。 歯科医院の多くは少数で運営を行っており、院長以外は全て女性スタッフということも珍しくはありません。こうなると、どうしても人間関係の悩みを抱えやすくなってしまうケースが少なくないのです。 職場の人間関係にほとほと疲れてしまい、辞める理由となってしまいます。 ・退職は一時的な解決にしかならない 歯科衛生士に限らず、他の職業でも人間関係が職場を辞める理由になることはあります。 ですが、今の職場を退職したからと言って、もう人間関係に悩まされることはないわけではありません。 特に、歯科衛生士の職場は同じような体制の歯科医院が多いことから、少人数、女性が多いなど、転職をしても同じ職場環境になることも多いです。転職した先で、また同じような悩みを抱えてしまう可能性は大いにあり得ます。 人間関係が辞める理由になる場合には ・自分にも原因はないのか? ・仕事のやりがいと人間関係の辛さはどちらが重いのか? など、まずは現状を好転する可能性がないかを考えてみましょう。 時には、先輩や院長に相談をすることも大切です。自分一人で抱え込まずに、歯科医院全体の問題として解決を図ることが重要です。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

日本は国民皆保険です。アメリカではオバマ大統領が在任中に、国民皆保険を目指して、国民皆保険制度「オバマケア」が開始されました。このニュースを聞いて、アメリカには医療保険がない人がいることに驚いたという人も少なくないのではないでしょうか。それぐらい、日本人である私達には当たり前に保険医療を受けることが出来ることが浸透しています。 ・日本でも無保険者がたくさんいた時代があった 1955年頃までは日本でも国民の約1/3にあたる約3.000人が無保険でした。 高い医療費を支払うことが出来ずに病院に行くことが出来ないことで社会問題にもなり、1958年に国民健康保険法が制定されたことで、誰でも、どこでも、いつでも保険医療を受けることができる体制が整ったのです。 現在の社保、国保は医療を受ける際に本人が医療費の3割を負担します。 健康保険の話題になると、社保の方が何かとメリットが多いという人も多いのですが、現代ではあまり得られるメリットに違いはなくなっています。 ・大きな違いは保険料の計算方法 社保と国保の大きな違いの1つが保険料の計算方法です。 社保の場合は、社保に被保険者として世帯主が加入しているとします。ここに妻や子供などの家族が被扶養者として加入するのですが、人数が増えても保険料は変わりません。 これに対して、加入する人数が関係するのが国保です。国保の場合は世帯主の他に、妻や子供などの家族がいる場合には、所得に対する保険料の他に均等割分と呼ばれる人数に応じた保険料が必要になります。また所得の他には、資産に対して保険料を算出する場合もあります。 ・他にもある、社保と国保の違い この他にもいくつか社保と国保には違いがあります。 まず、社保の制度に属していない人は必ず国保に加入しなければなりません。 社保の場合は、保険料が会社と折半になることがほとんどですが、国保の場合は全額自己負担になります。 社保は扶養家族に一定の年収があると、扶養家族として加入することはできませんが、国保の場合は所得に関わらず、世帯加入することができます。 社保は基本的に厚生年金保険とセットになっているのに対して、国保の場合は国民年金に加入します。 社保には、女性の出産のための会社休業の補填となる出産手当金がありますが、国保にはありません。ですが、病院での出産費用を補填する出産一時金は、社保も国保も同じように支給されます。 このように、社保と国保には様々な違いがあり、一概に社保がいい、国保がいいとは言えません。家族構成やライフスタイルなどに応じて、選ぶことが重要です。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。