歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

病院と言っても内科、外科、小児科、婦人科や整形外科など様々な診療科目があります。これと同じように一言で歯医者さんと言っても、一般歯科、小児歯科、矯正歯科や口腔外科などがあります。単独で開業している場合もあれば、複数の科目

歯科衛生士が就職、転職をする際に気になるのが歯科医院の福利厚生や待遇などのようです。歯科衛生士が主にチェックする項目としてはまずは給与や賞与、交通費の有無や年間の休日日数、有給の有無などですが、これらと同じように重視され

歯科医院を経営する院長や歯科医院の人事担当者が歯科衛生士の面接を行うというのがほとんどでしょう。歯科衛生士を採用する場合には専門的や歯科衛生士としても知識や技術があるのか、国家資格を取得しているかはもちろんですが、この他

歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士は歯科医院が患者さんの歯の治療や虫歯の予防、矯正やインプラント、ホワイトニングなど口の中の健康を守るために欠かせない存在であり、これらの職業は国家資格が必要な職業です。専門的や知識と技術を

歯科衛生士と言えば、歯医者さんでの治療や虫歯の予防などにおいて、欠かせない存在です。患者さんの口に直接触れることができる歯科衛生士は歯科医師のサポートをするだけではなく、虫歯予防のために歯磨きの指導や生活習慣の改善指導な

歯科衛生士は国家試験に合格して、歯科衛生士の資格を取得することで、成ることができる職業です。国家試験を受験するためには、歯科衛生士を養成する学校に通う必要があり、3年制のカリキュラムを受ける必要があります。以前までは2年

歯科衛生士の国家資格を取得することで一生医療の現場で働くことができます。歯科医院に勤める歯科衛生士が多いのですが、この他には大学病院や総合病院、保健所や福祉施設などでも需要のある職業となります。また実務経験を積むことで、

歯科衛生士は歯科医院にとってなくてはならない存在です。歯科医院の数は年々増え続けている中で歯科衛生士を養成する学校には毎年多くの求人が集まっており、歯科衛生士の就職率はほぼ100%と言っても過言ではありません。本人の努力

歯科医院で歯科医師が患者さんの虫歯の治療や歯周病の治療、矯正やインプラントなど歯に関する治療を行う際に欠かせない存在となるのが歯科衛生士です。歯科衛生士は歯科医師のサポートをする仕事であり、歯科助手とは違って患者さんの口

健康保険は生活を守るための保険制度の一つです。病気やケガなどでの出費に対して自己負担が軽減される、出産育児に対して一時金が支給されるといった制度ですが、求人を見ると社会保険完備と書いてあることも多くあり、これは基本的には