歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

転職を成功させる歯科衛生士の人間関係の作り方

By in 転職希望歯科衛生士 on 2019/05/10

歯科衛生士は、ほかの職場とは異なって少数精鋭の職場が多く、女性中心の環境で人間関係に影響を及ぼしやすいといわれています。離職を希望する人も多いので、普段からコミュニケーションの構築を意識する、ほかの職種に関する理解を深めるなどの対策を講じましょう。

 

-失敗しない歯科衛生士の人間関係における注意点

歯科衛生士の中には離職を検討している人も多いです。その理由の中で、人間関係は上位に来ることが多いです。なぜこのような悩みを抱える人が多いのか、それは職場環境がほかの業種と比較して特異だからというのが関係しています。

 

–特異な世界である歯科衛生士

歯科衛生士の職場は歯科医院であることが多いです。歯科医院は、ほとんどのケースで小さな診療所で、働いているスタッフの数も多いです。このため、ひとたび人間関係が悪化すると全体への影響が大きいです。しかも歯医者や歯科助手、医療事務などいろいろな職種の人が一緒になって仕事をしています。このような職種の違いで、お互いの誤解が起こりやすく人間関係の悪化が懸念されます。また一般的な傾向として、歯科医院は女性スタッフの割合が多いです。女性の多い職場の場合、常にそうとは限りませんが人間関係に様々な懸案が発生することもあり得ます。このように、ほかの一般企業や大学病院などの大規模医療機関とは異なる特徴を有しています。

 

–コミュニケーションをこまめにとること

歯科衛生士が職場の人間関係で悩まないようにするためには、コミュニケーションを意識的に図ることです。特に患者さんが多くて忙しいクリニックの場合、どうしても目の前の仕事が優先で職員間で言葉を交わす時間が少なくなります。そこで普段から意識して同僚に話しかけるなど、関係性を構築しておきましょう。そうすれば誤解や齟齬をきたす可能性が低く、人間関係の悪化を防げます。

 

–ほかのスタッフへの理解を深めること

歯科衛生士の資格を持っていると、そのことに対する専門性を自覚している方が多いです。自分の仕事に対して誇りを持つことはもちろんいいことです。しかしそこにあまりこだわってしまうと、ほかのスタッフとの関係性がぎくしゃくしてしまいかねません。歯科衛生士の意見や口コミを見ると、歯医者さんに対して「自分たちのことを軽視しているのではないか?」と感じる人も多いようです。また歯科助手に対していろいろといわれると、「資格も知識もないくせに…」と感じる人も見られます。しかしそのように自分の立場に固執するのではなく、ほかの職種についても理解するように努めることです。相手の立場を理解して、尊重する意識を持てば、それが日々の態度にも反映されます。その結果信頼関係が構築され、円滑な人間関係が期待できるようになります。

Comments are closed.