歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

Q.私は今年で衛生士として働いて7年目になります。 7年目の衛生士なら、普通は経験も豊富で、医院でも中心的な存在、場合によっては新卒の人を指導するような立場だったりすると思います。 でも私は衛生士としての技術がほとんどありません。 もちろん歯石除去やTBI、印象採得など一通りの事は今まで行ってきましたが、新卒で働いてから今日まで、先輩の衛生士に技術のことで直接指導していただく機会が一度もありませんでした。 これでいいのかな…と思いながらも人間関係の悪さなどもあり、1年目、2年目の時に先輩に聞く事ができず…そうしているうちにだんだん今更聞けないと思い、恥ずかしくなり、仕事内容も治療のアシストが中心でなんとなく仕事をし続けた結果、今7年目を迎えてしまいました。 現在は治療の繋ぎで少しSCをしたり、TBIをしたり…という業務内容しかしていません。 シャープニングのやり方もわからない、正直プロービングさえ正しく行えるかわからない、キュレットなんて全く使えない… このままではいけないと思い、新しい職場でゼロから新卒の気持ちでスタートし、勉強したいと思っているのですが恥ずかしい事だな…と情けなく思っています。 年下の衛生士に指導してもらうことも覚悟していますが、今更厳しいでしょうか…? もう衛生士は諦めた方がいいのかなとも思っています。 A. ご相談ありがとうございます。 歯科衛生士の我妻です。 7年目ということで、いろいろと考える時期なのでしょうね。 山口さんの状況は、とてもよくわかります。そして、全く恥ずかしいことではないですよ。おそらく、多くの歯科衛生士さんが同じなのではないかと思います。 というのも、私も5年目まではそうでした。 シャープニングもしたことがなく、プロービングやSRPが正しく出来ているのか、自分が行った処置で患者さんは良くなっているのか、むしろ間違ったことをしているのではないか… 誰にチェックをされるわけでもないので、ただそのまま治療が進んでいくだけでした。 当然、メインテナンス中にEXTになる歯もあり、たまに読む衛生士向けの雑誌に出てくる衛生士さんがしていることは、私とは無縁のような、そんな感覚がありました。 では、そんな私がどうして今に至るのか。 もしかすると何か参考になる部分があるかもしれませんので、お伝えしたいと思います。 ①まずは『今、ここ』で出来る勉強を始めてみました。 結果、曖昧にしていた知識を整理することができました。 デンタルハイジーンや教科書など、すぐに手に入る教材で、基本から勉強し直してみました。学生時代の勉強とは異なり、臨床経験があればあるほど、基礎的なことがおもしろいほど入ってきたのを覚えています。 ②初めてセミナーに参加 講師の歯科衛生士さんが同じ歯科衛生士に教える!という働き方を知りました。 セミナーでシャープニングを習い、実際に研げるようになると臨床もまた違って見え、自分なりに考えていろいろ試してみるようになりました。 ③転職 私はこのとき5年目。 で、初めての上京です。 その当時の歯科医院に不満はなく、楽しい日々でしたが、どうしても衛生士としての可能性を広げてみたくて。 自分は今は何もできない。だからこそ、本当にできるようになりたい! ということで、自分にとってどんなに厳しくても一番勉強になるところへ転職しようと決めました。 というような経緯がありました。 環境を変えることは覚悟がいります。 もし、歯科衛生士以外の道に進むとしたら、ますます強い覚悟と努力がいります。 〇〇さんはご自分の実力を見つめて悩んだり、今後について真剣に考えたり、そしてこのような相談をするということは、とても真っ直ぐで、素晴らしい方だと感じました。 きちんと学びたいという意志も。 今後、歯科衛生士としてステップアップしていきたいと決意するのであれば、どうか確実に成長できると思える職場を見つけてください。 こちらのDHマイライフを利用されるのも効果的だと思います。本気で歯科業界を良くしようとしている会社なので、やる気のある歯科衛生士さんと素晴らしい歯科医院とを繋ぐことを真剣に考えてくれます。 何年目であっても、できないことはあります。 だからこそ、学びたいという気持ちを伝えて、教えてもらいましょう! 大丈夫です!! DHマイライフより:やはり何年経験があっても、自分なりの不安はあるものですよね!ぜひ歯科衛生士ライフで培った経験を職場で活かしてくださいね!! もし、「現状の歯科医院職場に不満がある」「理想の職場環境に巡り会いたい」…そんなご要望があれば、ベテラン歯科衛生士転職専門の「DHマイライフ」にご相談ください。 無料ご相談のお申し込みはこちらです。

Q.年齢がかなり上でも転職は可能でしょうか? 47歳になりますが子育ての間の5.6年間は休みましたがその後は現在まで仕事はしております。 ただお恥ずかしいのですがフリーランスになれるほどの自信もなく… 今の職場は丸3年になりますが保険でのリコールの患者さんばかりみていました。 こんな私でも可能でしょうか?   A,この度はご相談いただきまして、ありがとうございます。歯科衛生士の我妻です。 子育ての間を除いても、20年ほどのキャリアをお持ちなのですね。とても素晴らしいです。 転職をお考えのようですが、それは現在の歯科医院に何か不満のようなものがあるのでしょうか? それとも、他にやりたいことや、目標などがあるのでしょうか? 転職したいと考える原因や、今後どのような歯科医院で働きたいのかが、もしも明確でなければ、まずはよく考えてみてください。 その上で、再就職についてですが、一般の開業医の場合は、院長先生の考えや、医院の仕組みによっては難しいところもあるかもしれません。 しかし、〇〇さんの力を必要としている歯科医院も少なくないと思います。 現在も患者さんの管理をされていて、子育て期間を除いては、ずっと歯科衛生士業務に携わってこられたのは、一つの財産だと思います。 ちなみに当院の院長の目標は、子育てが終わって、もう途中で抜ける可能性のない状態で長く一緒に働きたいということで、やはり安定したいという思いがあるようです。 また、NHKのプロフェッショナルという番組で取り上げられた、予防で有名な日吉歯科医院にも子育てが終わって活躍されている歯科衛生士さんが多く在籍しています。 そのような方の働き方や待遇面を見ても、素晴らしいなと感じます。 ですので、〇〇さんがお持ちの技術や経験を活かせる職場であれば、再就職は決して難しくはないと思います。 ただ、そこには先生や医院と、齋藤さんとの相性や、〇〇さんのような人材を必要としている医院との巡り合わせが大切になってきます。 まずは、 ・〇〇さん自身が出来ること、出来ないことを明確にする ・譲れない条件面、目指す働き方を明確にする ・自己分析をし、ご自身の性格や、向き不向き、他人との相性を把握する その辺りを踏まえて、歯科医院を探してみると良いのではないかと思います。 先生や医院との相性は、ご自身ではわからない部分もありますし、齋藤さんを必要としている歯科医院だけをピックアップして、その中から選べたら、マッチングする確率はぐっと上がりますので、そのような探し方であればDHマイライフのサービスをご利用されるのも良いかと思います。 転職について考える時期は、自分を見つめるとても良い機会です。 この先、どう生きていきたいか、歯科衛生士として、一人の人間として、しっかりと考えてみてください。 そして、自分が先生の立場だったら、どんな歯科衛生士と働きたいかというのも考えて、ご自身に当てはめてみる。 歯科医院を選ぶ立場の視点だけではなく、選ばれる側としての心の持ち方も大切にしてみると良い結果が生まれるような気がします。 〇〇さんが、歯科衛生士として、さらに御活躍されることを心からお祈りしております。

A.歯科衛生士2年目です。 11月で訳あって退職しました。 いま、就活中なのですが、自分はスキルアップを重視したいと考えています。 卒業した専門学校の先生からは完全自由診療の医院でスキルアップしたいのならここだ!と勧められていますがまだ2年目で基礎知識も新卒と変わりないうちに完全自費の方に徹してしまって大丈夫なのか?やはりここは保険診療も行っている医院で基礎知識を学んだ方がいいのか? 考えても考えてもなかなか答えが出ません。 最終的には自分で決断することですが何かアドバイスありましたらよろしくお願い致します。   Q.はじめまして。歯科衛生士の我妻です。この度はご相談いただきまして、ありがとうございます。 スキルアップを考えつつ、ご自身の実力についても慎重に見極められていて、素晴らしいなと思いました。 私が現在勤務しているところは完全自由診療の歯科医院なのですが、新卒から5年間は保険診療メインの歯科医院で働いていました。 両方を経験した立場からお答えさせていただくと、自費の方が求められるレベルが遥かに高いので、確実にスキルは上がります。 また、保険では自分の売り上げに対して意識することが少ないと思うのですが、自費ですと、患者さんが支払ってくれた分の価値のあるものを提供しようという責任が出てきます。 ただ、対象とする患者さんが限られてしまって、子供からお年寄りまで様々な方と接することは少なくなるかもしれせん。 ですので、保険で地域密着型の歯科医院で感じるような、社会貢献しているという感覚は少なくなると思います。 私が現在勤めている歯科医院では、新卒入職の歯科衛生士が2名おり、1人は〇〇さんと同じく現在2年目です。 自費の歯周治療やメインテナンスを任せるまでに半年のトレーニングと、院長の知り合いの保険メインの歯科医院に週に一度研修に行って経験を積むという流れでトレーニングを行っております。 その結果、2年目の衛生士も充分な技術や知識を持って患者を担当しています。若手歯科衛生士のやる気や情熱は、経験にも勝る部分があるような気がします。 そして、私が強く感じたのは、保険で長年働いてから自費にいくと、保険の癖がなかなか抜けないということです。時間内で終わらせる癖というか…。 効率よりも、できる限りの最高の技術を提供できるのが自費の良さです。 ですので、歯科衛生士としての業務が本当に好きであれば、経験を積んでから自費に行くというよりは、そこで成長していくというのも良いかと思います。 〇〇さんが今後どのような歯科衛生士になりたいのか、どんな知識や技術を身につけたいのか、どんな歯科医院で働きたいのか。 次に働く環境はきっと今後に大きく関わりますので、今がとても大切な時期ですね。 歯科医院選びの際に、不安も多くあると思います。 そのときは、DHマイライフのコンサルタントにご相談ください。 〇〇さんの目標や、ご自身の性格なども踏まえた上で、合う歯科医院を探すお手伝いをさせていただきます。 わからないことや悩みなども、お気軽にご相談ください。 〇〇さんが良い歯科医院と出会えて、スキルアップしていけるように祈っております。

Q,先月に退職してから就職先を探しています。 4件ほど歯科医院さんに見学に行かさせて頂いてるのですが、なかなかピンとくる就職先に出会いません。 なかなか見つからないので、少しずつ焦ってきてしまっています。 4件見た中で妥協ではないですが、決めてしまうのか、もう少しいろいろ見学に行って自分に合ったところで決めるのか悩んでいます。 どんどん期間が空いてしまいそうで、少し怖い気持ちもあります。 アドバイス頂けたら嬉しいです。   A,はじめまして。歯科衛生士の我妻です。 この度はご相談ありがとうございます。 4件見て、それでも決まらないとなると、確かに不安になってきますよね。 まず、妥協してでも経済的な事情などで早く決めなければならない状況かどうかですが、その点はいかがでしょう? そこがそれほど心配がない場合、なかなか決まらなくて不安を感じる、その理由ってなんでしょう? 例えば、恋人を探しているのに、なかなかいい出会いがなくて不安になる。それで妥協して付き合った場合、うまくいくこともあるかもしれませんが、いかないことの方が多いような気がします。 就職先も似たようなところがあって、妥協して決めた場合、何か嫌なことがあると、「やっぱり」となって、辞めたくなりやすいものです。 逆にここだ!って思えたところでは、多少嫌なことがあっても、最初に感じた良い部分があるので、なんとか乗り越えていけたりするものです。 ですので、長い目で見ると、やはり妥協はせずに、ここでぜひ働きたい!と思えるところに就職するのが良いかと思います。 その際、自分の理想をしっかり持つことが大切です。 あとは、自分のネガティブな感情にもしっかりと反応して、こういうところは嫌だというのを明確にしておくと、判断が早くなります。 歯科衛生士として数ヶ月のブランクはあまり気にせず、長く心地よく働けるところを見つける方が、結果としてよかったと思えるのではないでしょうか。 5年目ということで、一通りのことは出来ていると思います。そこで、さらなるステップアップを考えているのであれば、余計に見極めていただきたいなと思います。   私の知り合いの歯科衛生士さんに20件以上見た方がいたり、私自身も転職の際は5件ほど見て回りました。 探すのにはエネルギーがいりますので、大変なこともあるかと思います。 いつどこでピンとくる歯科医院と出会えるかはわかりませんが、確率を高めるためには、DHマイライフのように親身になって、本当に合う就職先を一緒に見つけてくれる存在に頼るのも良いかもしれません。 友人の紹介から結婚に発展するカップルのように、お互いを知っていて、客観的に合いそうだと判断してもらって紹介してもらうのも、一つの手かなと思います。 〇〇さんにとって素晴らしい職場と出会えて、歯科衛生士としてさらに輝いていけるように祈っております。

Q.現在、歯科衛生士専門学校の3年生です。就職に関してこの3年間学んできた中で企業で勤めておられる歯科衛生士の方がとても輝いていて私も企業に就職したいと思うようになりました。最近、学院の方にも大学病院などから求人が来ていましたが企業に就職したい場合自分でも探した方が良いのでしょうか?また、どのようにして求人を探すのがベストなのか教えていただきたいです!狭き門なのは分かっていますがまず何事もチャレンジしてみたいのでその機会を見つけれるように努力する為にぜひアドバイスの方よろしくお願いします!   A.歯科衛生士の我妻美夕紀です。 この度はDHマイライフ衛生士お悩み相談コーナーをご利用いただきありがとうございます。 今まさに就職活動中なのですね! 〇〇さんのメールを拝見して、私も同じようなことを思っていたことがあるので、お気持ちがよくわかります。 まず、企業への就職の道ですが、求人数自体はかなり少ないです。4年制大学ではない限り、おそらく学校へは来ないと思った方がいいかと思います。 私も個人的に調べたことがありますが、応募条件も企業によって、新卒のみ可のところや、何年以上経験が必要、というところなど様々でした。 そこで、〇〇さんに一度考えてもらいたいことがあります。 ・企業に勤めている歯科衛生士さんはどうして輝いていたのでしょうか? ・歯科医院に勤めている歯科衛生士さんでも輝いている人っていると思いますか? 私は現在歯科医院に勤務しながら、歯科衛生士として本を出版したり、一般向けの講演やセミナーを行っております。 このような活動をするようになって、一番強く感じたことがあります。 それは、現場での臨床なしでは、歯科衛生士として何もできないということ。 特に、人に伝える・教える仕事なので、現場を知らずして伝わるものはないと感じるからかもしれません。 企業では、商品開発や歯科医院に出向く営業など、他にもいろいろな業務内容があるかと思います。 その中で、臨床経験がなくても問題ないものもあるかもしれません。 3年間、学校で学んできた知識を活かして、活躍できる場もあると思います。  ただ、臨床経験があった方が、圧倒的に有利ではあると思います。 それは企業で働くということだけではなく、その他の道が大きく広がるからです。 例えば、新卒で企業に勤めて、結婚して、旦那さんの転勤で地方に行ったとします。 自分も働きたいとなった場合、臨床経験ゼロで歯科医院に就職というのは、ハードルが高くなってしまいますよね。 そういう意味も含めると、自分の可能性を広げるつもりで、歯科医院や大学病院で経験を積むのも輝ける道の一歩かもしれません。 また、求人を探す方法ですが、その道のプロに頼るのが一番心強いような気がします。 もちろん自分の意思で決めるべきですが、その希望に合ったところを探すお手伝いをしてもらうのはとても有効かなと思います。 大手企業で経験を積んだ方が転職するときにエージェントを介するように。 DHマイライフのコンサルタントは歯科界に精通しているので、様々なアドバイスや、希望があれば一緒に探すお手伝いをしてくれると思います。 では最後に、 どんなときに人って輝くと思いますか? 私が思うのは、自分自身が好きで、楽しんでいるときだと思います。 好きなことに熱中しているとき、何かを達成したとき、人から感謝されたとき、自信が持てたとき… 〇〇さんのメールからも輝きを感じました。 それは、これから新しい世界へと旅立つ前の、希望の輝き♪ どうかその輝きを磨ける道へと進んでいってください!

Q.スタッフとの関係が上手く行かなくなり、退職しました。 1ヶ月前より、仕事ができない、仕事の頼み方が悪い、フォロー出来な など色々言われ、やむを得ず辞めました。辞める時は、突然辞めたので、スタッフには会っていません。 自分は、全員から、一緒には仕事出来ないと思われていたとおもっていたのですが、誤解があったようです。 後日、先生、スタッフの1人がもう一度、戻ってきたらと声をかけてもらいましたが、一度断りました。 今月に入り、もう一度戻ってきたらと打診がありました。スタッフ全員が戻ってほしいとは思ってません。 こういう状況での出戻りはありでしょうか? A.はじめまして。歯科衛生士の我妻です。 この度はDHマイライフをご利用いただき、ありがとうございます。 歯科医院のような小さな職場では、スタッフとの関係がとても大きいですよね。 メールのようなことがあれば、辞めてしまう気持ちもよくわかります。 他のスタッフや先生からは戻ってきてほしいと、2度も声がかかるということは、〇〇さんが仕事が出来ないというわけではないはずです。 出戻りについては、必要とされるところに身を置くのは悪いことではないと思います。 ただ、戻るかどうか判断する前に考えてみてほしいことがあります。 紙に書いてみるのもオススメです! ◆まず、辞めた本当の原因って何でしょうか? どんなことがあって、どんな気持ちの流れがあって、辞めようと決心したのでしょうか? スタッフ全員から一緒には仕事ができないと思われていたと思っていたから? 全員からじゃなければ辞めなかった? など、よく思い出して、気持ちを感じてみてください。 辞めようと思った本当の原因をはっきりさせることがとても大切です。 なぜかというと、その原因が解消していなければ、戻ったとしてもまた辞めてしまう可能性が高いからです。 その原因がわかり、今回戻るときには解消されていると思えるのなら、戻るのもありかもしれません。 しかし、その前にもう一つ考えてみてほしいことがあります。 ◆〇〇さんは、その職場や仕事が好きですか? そこに戻ろうと思う理由は何ですか? その場にいる3年後や5年後の自分を想像して、わくわくしますか? 歯科衛生士さんの中には辞めたいけれど、様々な理由で我慢して続けている人もいます。 でも、本来しなくていい我慢はしなくて良いのです。 今の〇〇さんの状況だと、自分が理想とする職場を見つけることも可能だということも考えてみましょう。 ◆理想の職場はどんなところですか? プライベートも含めて、3年後や5年後はどんな生活、どんな自分になっていたいですか? それを考えてみてください。 以前の職場で、その理想が叶えられると思えたら戻るべきです。 もし、違うと感じているのであれば、この機会に〇〇さんの理想の職場を見つけてみてはいかがでしょうか。 そう言っても、コンビニよりも多い歯科医院で、理想の職場を見つけ出すのは難しいかもしれません。 本当にぴったりくる職場かどうか… 理想の恋人を探すのと同じくらい、タイミングとか縁とか、いろいろあるかと思います。 もし、見つけたいけど、どうすればいいか迷ってしまったときは、DHマイライフのコンサルタントに気軽にご相談ください。 一緒に探すお手伝いを全力でしてくれます! 出戻るのも、新しい職場を見つけるのも、どちらが正解というのはありません。 〇〇さんが自分と向き合って決めたことを、正解へと導いていってほしいと思います。

井の頭線の三鷹台駅で開業されているコーラル歯科様はマイクロスコープ、拡大鏡も用いて 精密な治療をされております。 院長先生と共に学び医院に貢献してただける歯科衛生士を募集しております。 詳しい歯科衛生士の求人募集要項は弊社サイトをご確認ください。