歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

健康保険は生活を守るための保険制度の一つです。病気やケガなどでの出費に対して自己負担が軽減される、出産育児に対して一時金が支給されるといった制度ですが、求人を見ると社会保険完備と書いてあることも多くあり、これは基本的には雇用保険や労災保険、健康保険、厚生年金の4つがセットになっています。保険には国保と社保があるのですが先ほど説明したのは社保の方です。そして社保に加入していない人は市町村などの国民健康保険窓口が運営している国保に加入することになります。では歯科衛生士の場合社保と国保どちらが多いのでしょうか?   ・歯科衛生士は国保が多い? 一般的な認識として社保の方がよいイメージがあるという人も多いのではないでしょうか。これに対して少人数で運営をしいている歯科医院に歯科衛生士として就職、転職する場合には多くは国保への加入となることがほとんどです。歯科医院が社保を完備していないことも珍しくはありません。なんとなく歯科衛生士は国保になるからデメリットと感じてしまうという人もいるでしょう。ですが現代では国保と社保に保険料などの面で大きな違いはなく、社保や国保などこだわらなくても同じように利用することができるようになっています。   ・歯科衛生士なら歯科医師国保がある歯科医院を探すのもよい 歯科医師国保とは職域国保と言われる国保の一種で、職域国保とは特定の職業の人たちが組合を作って運営する保険であり、国保から独立した保険となります。医療費の負担などは通常の国保や社保などとほとんど変わりはなく、さらに掛金が安く住む場合や検診などが充実している場合、医療費や出産費用の貸付制度がある場合など歯科衛生士にとって何かとメリットになる制度が多くあります。使い型は一般的な国保と同じですが、歯科衛生士の場合自分が勤務している歯科医院での治療には使用することはできません。この場合は材料費のみ、技術費サービスなど歯科医院によって様々な対応になっているので一度確認をしておきましょう。また保険とセットになるのが年金です。組み合わせとしては歯科医師国保+厚生年金、歯科医師国保+国民年金となっており、医療法人や法人となっていれば健康保険+厚生年金もしくは歯科医師国保+厚生年金のみとなります。歯科医師国保は都道府県ごとのあり、保険料なども違います。ただし歯科医師国保の場合は出産手当金や傷病手当金がない場合が多いので加入する際にしっかりと確認しておきましょう。 転職のご相談はDHマイライフへ

歯科衛生士の就職率は100%と言われるほど高く、歯科衛生士を育成する専門学校などには毎年多くの求人が来ています。歯科医院の数が多いことから慢性的な人不足と言われている歯科衛生士の市場では完全な売り手市場とも言えるでしょう。ですがそんな中でもよりより条件の歯科医院などに就職をするためには個人の努力は必要不可欠です。特に採用の鍵となるのが面接であり、実際に就職を希望する歯科医院の院長や人事担当者と一対一で面接を行うことで人となりを見られ、採用の判断基準になります。ですから希望通りの就職先に採用されるためには面接対策をしっかりとしておかなければなりません。   ・歯科衛生士の面接で聞かれる最後の質問 歯科衛生士の面接に限らず、採用面接では清潔感や明るさ、向上心やコミュニケーション能力の高さを見られているのですが、最後によく聞かれるのが「何か質問はありませんか?」という質問です。院長や人事担当者から聞かれて焦った経験がある人もいるでしょう。面接の中でのやり取りの中で大半のことは知ることができ、あるいはなかなか面と向かって聞きにくいことなどもあるため「特にありません。」と答えてしまう人もいるのではないでしょうか。ですがこの最後の質問にこそが採用の可否を左右する可能性があります。最後の質問に対して最もしてはいけない答え方はやはり「特にありません。」でしょう。面接の中でどんなに自分の求める歯科衛生士像やコミュニケーション能力の高さをアピールすることができても、この時にこのような答え方をしてしまっては全てが台無しになってしまいます。相手の印象に残らなくなってしまうのです。また休みや待遇など条件面ばかりを聞き過ぎるのもあまり好ましくはありません。条件面はしっかり押さえておきたいところではありますが多く聞き過ぎるのは控えた方が印象は良いでしょう。   ・最後の質問にはどう答えるべきなのか?? 歯科衛生士の面接において最後の質問にはどのように答えるのがベストなのかですが、実際に面接をする場所が医院であれば医院の中を見て疑問に思ったこと、ホームページなどがあればホームページについて気になったことなど、歯科医院や面接に対して興味や関心をおおいに持っていることをアピールすることができる答えをあらかじめ用意してみてはいかがでしょうか。こうすることで最後までしっかりと自分をアピールすることができ好印象で面接を終えることができるのではないでしょうか。

虫歯の治療や歯周病の治療、矯正やインプラント、ホワイトニングや予防歯科など歯科医院にとっていなくてはならない存在が歯科衛生士です。歯科医師と連携して患者さんのケアをするのが歯科衛生士の役割であり、歯科医師のサポートはもちろんのこと患者さんと歯科医師をつなぐパイプの役割も担っていることがほとんどです。歯科医院の中には歯科医師の腕などはもちろんですが、歯科衛生士によって患者さんの数が増えたり、減ったりすることも珍しくはなく歯科医院は歯科衛生士を採用する際には患者さんに好まれる歯科衛生士の採用を心がけていることがほとんどです。ですが歯科衛生士の離職率は決して低いものではありません。歯科衛生士が辞める理由としては歯科医師と合わない、同僚や先輩と合わないなどの人間関係によるもの、結婚や子育てなどによるもの、そもそも歯科衛生士の仕事が合わないと感じて辞める場合などがあります。そしてこの他に多いのが患者さんからのクレームによるものです。   ・患者さんからのクレームによって心が折れてしまう   歯科衛生士が辞める理由として少なくないのが患者さんからのクレームです。患者さんにとっては医師や歯科衛生士は多くても数人です。ですが医師や歯科衛生士にとっては毎日多くの患者さんを見ていく中の一人であることから時には患者さんとのコミュニケーション不足になってしまうことがあります。業務内容の伝達や医師とのコミュニケーションが上手くいっていないことによって患者さんから「そんなことは聞いていない!」とクレームを受けることになってしまいます。歯の治療は不安や恐怖を抱えている人も多く、こういった中でさらに患者さんに不安や疑問を与えてしまうことで大きなクレームになってしまうことも少なくありません。時には声を荒げて歯科医師や歯科衛生士に苦痛や不満を訴える患者さんもいるでしょう。クレームに上手く対処することができなければその患者さんは二度と来ない可能性もあります。こうった患者さんからのクレームによるストレスが辞める理由となってしまうことがあるのです。   ・理不尽なクレームが辞める理由に繋がる   クレームの中には歯科医院側に原因があることもあります。ですが中には理不尽なクレームをぶつけてくる患者さんがいるのも事実です。ちょっとした行き違いがクレームを生み出すこともあり、あまりにも理不尽なクレームには適切な対処も必要になります。患者さんが100人いれば100通りの接し方があり、ある程度割り切ってコミュニケーションを図って行かなければならないのですが、理不尽なクレームによって辞めていく歯科衛生士がいるのも現実です。

歯科衛生士の求人を見ていると比較的高待遇、好条件といった案件が多く見られます。慢性的な人不足である歯科衛生士の市場では歯科衛生士不足を解消するためによりよい条件を提示して優秀な歯科衛生士の獲得を目指しているのです。中には育休や託児所完備など子供を持つ母親でも働きやすい環境作りなどに力を入れている歯科医院なども多くあり、歯科衛生士は女性がほとんどとなるのでこういった求人はやはり人気が高くなっています。 ・募集要項が事実とは限らない・・・ 歯科衛生士の求人には好条件、高待遇でとても魅力的な職場だと判断することができても実際に働いてみると求人と相違があったなんてことはあまり珍しいことではありません。どんなに好条件、高待遇でも続かなければ意味はなく、特に他の歯科医院から転職をした歯科衛生士の場合は前職の退職の理由を考えて求人を選び、さらに面接から採用ではしっかりと条件や待遇を確認して口頭での約束ではなく書面化した雇用契約書をしっかりともらうようにしましょう。雇用契約書があることで万が一退職を考えることになってもスムーズに話を進めることができ、歯科医院にも迷惑をかけることなく退職することができます。実際に歯科医院などで働いている歯科衛生士でも雇用契約書を作成していないことも多くあるのでできるだけ雇用契約書を作成する歯科医院を選ぶ必要があります。   ・雇用契約書の項目を知っておこう 歯科衛生士が歯科医院と雇用契約を結ぶ場合には多くの場合は歯科医院が雇用契約書の雛形を用意していることがほとんどなので自分で作成することは少ないでしょう。もし自分で作成するのであればインターネットで雇用契約書・雛形と検索すれば無料でダウンロードできるものが多くあるので自分でカスタマイズすることも可能です。雇用契約書にあった方がいいと思われる項目としては   ・就業時間・・・残業代が発生する条件など ・休み・・・祝日などがある場合の振替や有給取得の有無、方法など ・給与・・・皆勤手当などがある場合はその旨を ・賃金締切日・・・毎月いつ給与が支払われるのか ・退社の際の手順・・・何日前までに退職を告げるのか   この他には解雇に関してなどです。雇用契約書を作り歯科衛生士と歯科医院の間でしっかりとルールを設けることで不要なトラブルを防ぐことができますし、さらに条件や待遇の相違などによるストレスもなくすことができ、長く勤めることができるのではないでしょうか。 転職活動失敗したくないならDHマイライフへご相談ください。 DHマイライフのHPへGO