歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科衛生士は歯科医院にとってなくてはならない存在です。歯科医院の数は年々増え続けている中で歯科衛生士を養成する学校には毎年多くの求人が集まっており、歯科衛生士の就職率はほぼ100%と言っても過言ではありません。本人の努力次第ではより条件のよい職場に就職することも可能となっており、歯科衛生士の市場は売り手市場と言ってもよいでしょう。ですがそんな中でせっかく就職をした職場を辞めていく衛生士も多く存在します。では衛生士が辞める理由とはどんなものがあるでしょうか。 ・ダントツで多いのが人間関係 歯科衛生士が辞める理由として最も多いのが人間関係によるものだと言われています。歯科医院の多くは院長や院長夫人、衛生士、助手などごく少人数で運営しているところが多いことから狭い人間関係の中でどうしても合わない、トラブルが多いなどの理由から辞める理由として考える衛生士も少なくはありません。 ・新人の頃は周りの当たりを強く感じてしまう 特に新人の頃は医師や先輩の衛生士などから業務を上手くこなすことができずに叱責されてしまうこともあるでしょう。また患者さんにとっては新人もベテランも関係はないので患者さんとのコミュニケーションを上手く取ることができずに心ない言葉などで落ち込んでしまうことも多くなってしまいます。この時期を乗り越えると多くの歯科衛生士という仕事にも馴れてくるので、誰しもが通る道ではあるのですが、これを辞める理由として考えてしまう人も多いようです。 ・女性が多い職場ならではのトラブル 社会人になると人間関係のトラブルなどはどの職業でもつきものですが、歯科衛生士の場合どうしても女性が多い職場となるので女性特有の人間関係によるトラブルは多くなってしまいます。中にはいろいろな意味で仲間を作ろうとするような女性もいたりすることで不快な思いをしてしまうこともあるでしょう。仕事と割り切って私情を挟むことはあまりないようにすることである程度回避することはできますが、ストレスとなり体調不良などにも繋がる可能性もあるのでこういった場合にはきっぱりと辞めて次の職場を探すのも一つの方法となります。 職場の人間関係を辞める理由にするのは気が引けるという人も中にはいるでしょう。ですがトラブルの多い職場や精神的なストレスを多く受ける職場で働き続けても自分自身の成長の妨げとなる可能性もあり、より自分に合った快適に働くことができる職場を探すことも大切です。 科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科医院で歯科医師が患者さんの虫歯の治療や歯周病の治療、矯正やインプラントなど歯に関する治療を行う際に欠かせない存在となるのが歯科衛生士です。歯科衛生士は歯科医師のサポートをする仕事であり、歯科助手とは違って患者さんの口の中に触れることができます。歯科衛生士の業務として多いのが歯石を取るクリーニングや虫歯を予防するためのフッ素の塗布であり、この他には歯磨きの方法や生活習慣の改善指導などを行います。 ・歯科衛生士になるには国家資格が必要?? 歯科衛生士になるためには歯科衛生士になるための勉強をすることができる教育機関に通う必要があり、専門学校や短期大学で3年間のカリキュラムを経て国家試験の受験資格が与えられ、国家試験に合格すると晴れて歯科衛生士として働くことができるようになります。以前まではカリキュラムは2年とされていましたが、講義と実習の向上のため現在では3年と定められています。また専門学校や短期大学の他には4年制の大学でもカリキュラムを受けることができ、全国に数多くあります。 ・歯科衛生士の求人は豊富?? 歯科衛生士を養成する学校には毎年多くの求人が来ています。歯医者さんの数だけ求人があると言ってもよいでしょう。ですから歯科衛生士の国家資格を取得することで就職は困らないと言えます。また国家資格の合格率は例年95%以上という統計が出ており、養成学校で知識や技術をきちんと身に付けることでほぼ合格できると言われています。歯科衛生士になって5年以上の実務経験があればケアマネジャーの受験資格を得ることもできるのでキャリアアップを目的に資格取得を目指す人もいます。多くの資格を取得することでより条件のよい求人にめぐり合うことができるのではないでしょうか。 ・就職が決まったら気をつけることって? 歯科医院などの求人に応募し、面接を経て晴れて就職が決まった際に気をつけることがあります。それは労働条件などを口頭ではなくできるだけ書面にして契約を交わすということです。少人数で運営をしている歯科医院の場合はアットホームな雰囲気を理由に労働条件などを口頭で交わしていることも多くあります。口頭で交わしていることで後々トラブルに発展する場合やトラブルが起こった際に上手く処理することができないなどの事態になることも予想して書面での契約書の作成をおすすめします。契約書には労働時間や残業について、休みについて、給料日や退職をする際の条件などを書く事がほとんどなのでごく当たり前のことを書く事になります。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。