歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士は歯科医院が患者さんの歯の治療や虫歯の予防、矯正やインプラント、ホワイトニングなど口の中の健康を守るために欠かせない存在であり、これらの職業は国家資格が必要な職業です。専門的や知識と技術を持ち、日々患者さんと向き合っているのですが中でも歯科衛生士は特に患者さんと触れ合う機会の多い職業です。というのも歯科医師のサポートだけではなく患者さんに虫歯予防のための歯磨き指導や生活習慣の改善指導をするのも歯科衛生士の業務であり、この他にはホワイトニングや歯石除去なども歯科衛生士の業務となっています。 ・業務内容は3つ 歯科衛生士の仕事内容は大きく分けて3つあります。一つ目は歯科予防処置です。先ほども挙げたように歯の健康を守るために歯石やプラークなどを取り除き、フッ素を塗布するなどこれらの予防処置を専門的に行っています。二つ目は歯科診療補助です。歯科医師の治療をアシスタントする役割ですが治療の補助には歯科医師と患者さんを繋ぐ橋渡しのような役割もあるのでコミュニケーション能力が求められます。そして三つ目は歯科保健指導です。専門的な立場から正しい生活習慣やブラッシングなどのセルフケアを指導するものです。幼稚園や小学校などにも派遣されて虫歯予防の指導を専門的な立場から行うケースもあります。こういった業務をこなすためには歯科衛生士を養成する機関を卒業し、国家資格を取得しなければならないので衛生士になるまでには多くの努力が必要です。 ・辞める理由は業務内容以外が負担になるから? 業務は大きく分けて3つあるのですが、この他にも少人数で経営を行っている歯医者さんの場合はこなさなければならない業務があります。これが今の職場を辞めたい理由、辞める理由となっているのです。少人数で経営をしている歯医者さんの場合は医師が一人、歯科衛生士が2、3人なんていう状態も珍しくはありません。つまり歯医者さんを運営する上で医師がしないことは全て歯科衛生士が行わなければならないという状態です。受付やカルテの整理、薬の処方、院内の掃除、器具の洗浄や点検、機器の整備や点検、その他の雑用など衛生士の業務に加えてこれらもこなさなければならないとなると何のために歯科衛生士になったのかと考えるようになり、結果的にこれが辞める理由となってしまいます。実際の現場では衛生士としての業務に集中したい、衛生士の業務中でも患者さんが来院すると受付などにいかなければならないので仕事が中断される、せっかく国家資格を取ったのに、受付業務や電話対応が苦手と言った声も多く聞かれます。こういった要素が辞める理由になる考えられる場合には就職の段階でしっかりと確認する必要があり、衛生士の業務以外をどうしてもやりたくない、やらなければならに状況になれば辞める理由になってしまうと考えるのであれば医療法人など人員の多い職場を選ぶのも一つの方法です。辞める理由になる要素は就職の時からある程度排除することはできるのでこのあたりも意識して求人票をチェックするといいでしょう。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科衛生士と言えば、歯医者さんでの治療や虫歯の予防などにおいて、欠かせない存在です。患者さんの口に直接触れることができる歯科衛生士は歯科医師のサポートをするだけではなく、虫歯予防のために歯磨きの指導や生活習慣の改善指導なども行っています。これに対して歯科助手の場合は、患者さんの口に触れることができないので器具出しや受付業務などが業務内容になっています。とは言っても少人数で経営をしている歯医者さんも多いので、応募する歯医者さんによっては受付業務なども行う場合も多いようです。ですからこういった業務内容は求人票や面接の際にしっかりと確認しておきましょう。 歯科衛生士が求人票でチェックするポイントとしてはまずは採用の職種です。歯科衛生士として就職をしたのに、歯科衛生士でなくてもできるような業務ばかりをしなければならないというケースもあります。次に求人票でチェックするのは雇用形態についてです。正社員なのか、契約社員なのか、パートやアルバイトなのかなどあるので正確に把握し、正社員以外の雇用になる場合には契約期間や更新の有無なども確認しておきましょう。またこの他には勤務地や休日、適用される年金や健康保険などを求人票でチェックすることができます。複数の歯科医院を経営する医療法人も多くあるので、応募した歯医者さんの所在地と実際の勤務地が異なることがあったり、週休二日制なのか完全週休二日制なのか、社会保険を完備しているのかなどをチェックしましょう。また最近では年中無休で診療を行っている歯医者さんも増えているので、休みの曜日なども一緒にチェックしておきましょう。 面接の際にも求人票をもとにチェックするポイントはあります。もちろん求人表が間違っていないのかが最大のチェックポイントになるのですが、面接では求人票の範囲では載せることができない、具体的な仕事内容や歯科医院の雰囲気、求人の背景などをチェックするようことができます。特に歯医者さんの雰囲気は、実際にその場に行かなければわからないことも多いので、面接時に実際の職場の雰囲気に触れるチャンスです。面接の場ではなかなか質問しにくいこともあるのですが、よりよい職場を求めるのであれば重要な要素となり、晴れて採用となった場合には雇用契約として勤務時間や休日、仕事内容や待遇、研修期間はあるのかないのかなどできるだけ口頭ではなく書面に残して雇用契約を交わすようにしましょう。書面にして契約を交わすことで退職時などのトラブルを防止することに繋がります。 DHマイライフより: 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科衛生士は国家試験に合格して、歯科衛生士の資格を取得することで、成ることができる職業です。国家試験を受験するためには、歯科衛生士を養成する学校に通う必要があり、3年制のカリキュラムを受ける必要があります。以前までは2年制のカリキュラムとなっていましたが、実習や講義の充実を図るために、現在では3年制となっているのです。衛生士を養成する学校は、専門学校や短期大学だけではなく、4年制の大学もあります。歯科衛生士として5年以上の実務経験があれば、ケアマネジャーの受験資格を得ることもできるので、キャリアアップを図ることもできるようになり、歯科医院だけではなく働く場を広げることができます。 ・歯科衛生士の求人は売り手市場?? 歯科衛生士を養成する学校には毎年歯科医院などから多くの求人が集まっています。比較的求人が安定している職業とも言えるでしょう。医療分野となる歯科医院は患者さんがいる限りは需要があるものであり、歯科医院での治療には歯科衛生士は欠かせない存在となります。そのため歯科衛生士の市場は売り手市場と言えるのです。 ・歯科医院の競争が激しくなっている 歯科医院は年々増え続けており、競争は激化しています。患者数やスタッフの数などによって歯科医院の経営状態は大きな差が生じており、少しでも良い条件の職場に就職を希望するのであれば衛生士の求人が売り手市場とは言っても努力をしなければならないのが現実です。 ・よりよい条件の職場に就職するには? よりよい条件の職場に就職を希望するのであれば、就職活動に関する対策はしっかりとしなければなりません。特にポイントとなるのが面接です。面接では歯科医院の院長や人事担当者が、様々な角度からどんな人なのかという点を見ています。面接で特に見られる点といえば清潔感があるかないか、コミュニケーション能力があるかないかです。 面接時に見られることが多い清潔感に関しては、医療現場というデリケートな現場での作業となることから、身だしなみなどで患者さんに不安を与えないことが重要になりますし、院内感染など清潔さに常に気を配ることができるかどうかが重要になります。 面接でもう一つ重要になるコミュニケーション能力に関しては、やはり歯科医師や同僚の歯科衛生士と円滑な人間関係を築くことができるのか、患者さんと上手く接することができるか、などに関係してくるので重要なポイントとなり、歯科衛生士の仕事内容の中には、歯磨き指導や生活習慣の改善指導など、口の中の健康を守るために患者さんと直接話をしたり、触れ合う機会が多いことから、より多くの患者さんに好かれる歯科衛生士を歯科医院側が求めていることが多いことから、重要なポイントとなるのです。

歯科衛生士の国家資格を取得することで一生医療の現場で働くことができます。歯科医院に勤める歯科衛生士が多いのですが、この他には大学病院や総合病院、保健所や福祉施設などでも需要のある職業となります。また実務経験を積むことで、ケアマネジャーの資格を取得することができ、介護施設などでも働くことができるようになり、歯科衛生士の資格を取得することで、ステップアップしていくことができるようになります。 ・様々な働き方ができるのが魅力 歯科衛生士の多くは、街の歯科医院で働いているという人がほとんどでしょう。歯科衛生士を養成する学校には、毎年多くの求人が歯科医院などから集まっており、歯科衛生士が就職に困るということは、今の時点ではあまりないように思われます。また女性が多い職業となることから結婚や妊娠、育児など様々な節目の中で働き方を自由に選択することができるのも、歯科衛生士の魅力の一つです。パートやアルバイト、派遣社員などライフスタイルに合わせて働いているという歯科衛生士は多く存在します。 ・歯科衛生士の求人を見る時に注意すること 歯科衛生士の資格を取得し、晴れて歯科衛生士として働くことができるようになった時、まずは就職先を決めなければなりません。この時に求人の中で気になるのが待遇についてです。特に福利厚生に関しては、歯科医院が従業員が豊かな生活を送ることができるように、給与以外でサポートをするもので厚生年金や健康保険、各種検診費用の補助などがこれにあたります。中でも気になるのが加入する保険の種類です。健康保険といえば国保と社保があります。歯科医院の場合は少人数のスタッフで小規模経営を行っていることがほとんどとなるので、加入することができる保険をしっかりと確認しておきましょう。歯科医院が法人化していて、常勤の社員が5名以上いれば社保に加入することができます。これ以外の場合は国保になることがほとんどでしょう。 ・歯科衛生士にはメリットの多い歯科医師国保がおすすめ 歯科医院の多くは、組合で作る歯科医師国保に加入していることがほとんどです。歯科医師国保とは、職域国保と言われる国保の一種であり、特定の職業の人たちで組合を作って運営をしている保険であり、国保からは独立しているものです。医療費の負担などは国保や社保とさほど変わらないのですが、掛金が安くなったり、検診などが充実しているなど様々なメリットがあります。