歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

患者さんの口の中の健康を守る上で歯科医師は、歯科衛生士や歯科助手、歯科技工士と連携をして歯科医療を行なっています。中でも患者さんにとって、最も身近な存在となるのが歯科衛生士です。 虫歯などの治療のサポートを行うだけではなく、口の中の掃除やブラッシングの指導、患者さんと歯科医師との関係をより深めてくれる存在として歯科医院には欠かせない存在でもあります。 ですがそんな歯科衛生士の離職率がとても高いことを知っていますか? 歯科医院が多くあることで、歯科衛生士は職に困らないとイメージされているのですが、その半面、離職率は高いものとなっているのです。 ・歯科衛生士の離職率の高さ 10年間、同じ歯科医院で働き続ける歯科衛生士の数は全体の5%程度と言われることがあります。これが離職率の高さを物語っているのですが、実際に転職や退職を経験したことがある人は半数以上となっており、離職率が高いことで歯科医院の多くは慢性的な人材不足に陥ってしまっています。 ではどんなことが辞める理由になってしまっているのでしょうか。 ・歯科衛生士は女の世界 歯科医院で働いている歯科衛生士のほとんどは女性です。歯科医院によっては院長以外、全て女性という状態も珍しくはありません。辞める理由には女性ならではの理由が多くあります。 まず女性ならではの問題として辞める理由となっているのが、結婚や出産です。ライフスタイルの変化によって仕事を続けることができなくなり、辞める理由とする歯科衛生士は多くいます。 またもう一つ女性ならではの問題として忘れてはならないのが人間関係によるものです。他の職業でも見られることですが、女性特有の人間関係の中で起こるトラブルやストレスによって辞めざるを得ない人も存在するのです。 ・求人の多さも離職率が高い原因になっている 何かしらの辞める理由があっても次の職を見つけることが出来なければ、なかなか退職することはできません。ですが歯科衛生士の場合、求人の多さが離職率を高くしている原因の1つになっています。 歯科衛生士を確保しなければ成り立たない歯科医院では、常に求人を出している状態になっているので求人の数は必然的に多くなり、辞める理由が見つかると比較的早く退職をする歯科衛生士も少なくないのです。 ただし多くの求人があっても自分に合った求人はごく僅かです。ですから安易な転職を繰り返すのではなく、今の職場で辞めることなく続ける道があるのであれば、少し頑張ってみるというのも大切なことなのではないでしょうか。

病院と言っても内科、外科、小児科、婦人科や整形外科など様々な診療科目があります。これと同じように一言で歯医者さんと言っても、一般歯科、小児歯科、矯正歯科や口腔外科などがあります。単独で開業している場合もあれば、複数の科目で開業している場合もあります。 基本的には、この4種類が歯科医院が看板に書いても良い科目となっており、これらの科目は基本的に口腔疾患の予防や治療、そして健康を保持することです。 ですがこれらの歯科治療を行うことで、口の中の機能などを回復し維持することが出来たとしても、美しさに満足を得ることが出来なければ本当の健康とは言えません。 そこで口元の美しさを追求するために存在しているのが審美歯科です。 ・審美歯科で歯科衛生士はどんな仕事をしているの? 審美歯科ではホワイトニングを行なって、歯を白くしたり、歯並びを改善する、歯の形を美しくする、歯茎を美しくする、かみ合わせをよくするなどして、口元を美しくします。こういった治療を行う中で、歯科衛生士は歯科医師のサポートをしたり、直接患者さんの口の中に触れて美しさを作り上げていきます。 ・審美歯科の求人が人気となっている 歯科衛生士の間では、ホワイトニングなどを中心に行う審美歯科の求人が人気となっています。 審美歯科の求人が人気となっている最大の理由は、一般的な歯科医院に比べると給与面でのメリットが大きいことです。 審美歯科では健康保険内での治療はほとんどなく、自由診療で治療が行われます。ですから必然的に歯科医院そのものが儲かっている状態になり、そこで働く歯科衛生士もその恩恵を受けることが出来るのです。 実際に審美歯科の求人を見て給与が相場よりも高くなっていることから、とても魅力に感じている歯科衛生士も少なくありません。 ただし、給与面が充実している分、土日祝日も診療をしているケースが多いことで休みが定まらなかったり、診療時間も長くなっている審美歯科が多いので、混み具合によっては、なかなか帰ることが出来ないなど、審美歯科ならではの悩みもあります。 ・審美歯科の求人は多いの? ホワイトニングなどで、口元の美しさを維持することが当たり前になりつつある中で、審美歯科医院自体は増えています。 とは言っても一般的な歯科医院に比べると、その数は少ないので求人の数も特に多いというわけではありません。場合によっては高い競争率となることもあるでしょう。 ですが今後も審美歯科は増えていく可能性が高いことから、審美歯科の歯科衛生士の求人は増えると考え、来るべき時に備えて、今のうちに一般歯科でスキルを磨いておくのもよいのではないでしょうか。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科衛生士が就職、転職をする際に気になるのが歯科医院の福利厚生や待遇などのようです。歯科衛生士が主にチェックする項目としてはまずは給与や賞与、交通費の有無や年間の休日日数、有給の有無などですが、これらと同じように重視されるのが福利厚生となっています。福利厚生は例えば厚生年金や健康保険、出産祝い金や人間ドッグなどの検診費用の補助などがあり、歯科医院で働く歯科衛生士が豊かな生活を送ることができるように給与以外で歯科医院がサポートを行うものです。この福利厚生がどれだけ充実しているかで歯科医院を選ぶという歯科衛生士も多く存在します。 ・任意継続?国保に切り替える? とここで歯科衛生士が転職する際の保険について迷っているという話がありました。迷っている内容は「以前努めていた医療法人の社会保険に退職した後も任意継続で社保に加入しているが転職先の歯科医院は国保になっているので、このまま任意継続にしておくべきか国保に切り替えるべきか」という内容です。任意継続は前の職場が社会保険を完備しており、2ヶ月以上社会保険に加入していて退職後20日以内に申請をすれば2年以内であれば社保を継続することができます。ただし20日以内に申請しなかった場合や加入後2年が経過した場合、1日でも保険料を滞納した場合、転職して社保に加入した場合には脱退となります。 ・とりあえず任意継続のままにしておくのも一つの方法 基本的には現代では保険料の差など社保も国保もどちらが得かという違いはありません。ただし扶養家族がいる場合には国保には扶養という考えがないので追加で保険証を作ることを考えると任意継続で社保に加入している方がよいでしょう。扶養家族が多いのであれば任意継続をしている社保のままにしておくことでお得と言えます。 独身で扶養家族もいない場合にはどちらがいいか判断できないという人もいるでしょう。この場合はとりあえず任意継続に加入したままにしておくことをすすめます。一度国保に切り替えてしまうと任意継続に再度切り替えることはできなくなるからです。任意継続で社保を継続している間に国保の方がいいと思うのであれば国保に切り替えることはいつでも可能ですし、歯科医院の中には検診の費用の補助やインフルエンザの予防接種費用の補助、出産費用貸付制度など歯科衛生士にとって何かとメリットが多い歯科医師健保を完備している歯科医院も多くあるので比較しながら決めていきましょう。

歯科医院を経営する院長や歯科医院の人事担当者が歯科衛生士の面接を行うというのがほとんどでしょう。歯科衛生士を採用する場合には専門的や歯科衛生士としても知識や技術があるのか、国家資格を取得しているかはもちろんですが、この他にも清潔感やコミュニケーション能力、明るさ、向上心の有無など歯科医院が歯科衛生士に求めるポイントを基準に面接を行い採用をしているのではないでしょうか。またこれから歯科衛生士として働くために面接を受けるという人のためにインターネット上では歯科医院が面接でどんなポイントを見ているのかをまとめたものなども多くあるので歯科医院が採用したい人材というのはなんとなく採用する側も採用される側も知ることができます。では採用してはいけない人材について考えたことはあるでしょうか?採用したい人材は明確になっている場合でもその対極となる採用してはいけない人材については明確になっていないことがほとんどです。 ・人事担当者の悩みとは 一般企業を経営する社長が直接人材を採用する面接を行う場合もありますが、会社の規模によっては人事を担当する担当者が行っているのではないでしょうか。こういった人たちの悩みの種となるのが面接の時にはとても素晴らしい人材だと感じたのに実際に採用してみると見当違いだったという悩みです。履歴書や面接だけではなかなかわからないことも多いのでこういった悩みを抱えている担当者も多いのですが、採用の最終的な判断材料となるのが面接なので、ここでしっかりと採用してはいけない人材について明確にし見極める必要があります。 ・採用してはいけない人材とは 採用してはいけない人材として最も考えられるのがメンタルヘルスの問題です。企業の戦力となることを期待して採用したにも関わらず会社に利益をもたらすどころか遅刻や休みが多く、入社して一ヶ月もたたずに退職してしまうという人も多く、メンタルの問題によって起こっていることが多くあります。組織を運営していく中でこういった人材がいることで他の社員のモチベーションが下がってしまったり、業務に支障を来たしてしまう可能性や職場の人間関係がこじれてしまう可能性もあります。ですが採用された本人でも自分のメンタルの問題には気づいていないことも多くあり、このリスクの原因を見つけることができるとされているのが採用の際に行う適正検査です。履歴書や面接だけではなく適正検査も利用し、全て照らし合わせて採用を行うことで採用してはいけない人材を見極めることができるのではないでしょうか。