歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科衛生士の仕事は、歯科医師の診療の補助をします。この歯科衛生士は国家資格。一度、仕事を辞めたとしても再就職しやすいと言われています。 ある地域では、結婚や出産で離職した人を対象にした研修会の支援などもあり、自分が希望する職場に出会える可能性が高くなっています。 歯科衛生士は再就職しやすい!歯科医との関係も良好に 歯科衛生士は国家資格なので、保有するためには3年間の短大や専門学校での知識習得が必須です。そのため、技術職でもあり、再就職しやすいのが特徴です。 ある地域では、育児や出産で離職した人を対象に研修会を開催したり、診療所の見学をしたり、登録をしておくと再就職についての情報を教えてくれるサービスを提供しています。 結婚や出産、育児で歯科衛生士を離職する人が多いのですが、有資格者の歯科衛生士は再就職も有利。いったん仕事を離れた人でも、条件を吟味して仕事選びができます。 歯科医師や受付の職場の人間関係で探す 歯科衛生士として働く人の中で、辞めたい理由の上位が人間関係。 人間関係に悩む理由は、仕事内容が医療関係分野でミスが許されない内容で、歯科医師も強い口調になりがちだからですが、大企業と比較して、少人数で運営している歯科医院は、人間関係が合わないことは致命的で、合わないようなら違う医院を探す人もいます。 (人間関係がよくなかった例)  処置が悪かったようで、患者さんの前で足を踏まれた  インフルエンザなのに休めなかった  舌打ちされる  プライベートのことを詮索される  休日なのにシフトを入れられた  院長の考え方と自分の考えが合わない 小さな歯科医院では、休みも取りにくく、1人の歯科医師にずっとつきそって働く歯科衛生士だと、医師との相性がとても大切です。 歯科衛生士のキャリアによるものもあり、業務中のミスも、次に起こさないように行動を見直すことで相手に理解してもらえたりするのですが、患者さんがいる環境で失敗は許されない環境なので、診療中にもたもたしていると怒られてしまったりすることもあります。 こればかりは歯科衛生士の技術と歯科医師の性格によるところが大きいです。 また、歯科医院には、歯科技工士や歯科助手、医療秘書(受付)も働いていますが、その人たちとの人間関係で転職を考える人もいます。 より高い給料面で探す 歯科衛生士の給料額は、職場によって、働く時間によって差があります。歯科医院も大きなクリニック、1人の医師に1人の歯科衛生士の小さい医院もあり待遇は歯科医院で違います。規模が大きいなら給料がいいわけではありませんが、おおむね大きな病院だと高給になりやすい特徴があります。 地方都市だと安くなる、キャリア・能力で高くなるなど条件もあります。 フルタイムの歯科衛生士の給料を見ると、全国平均で月25万円程度。年収は300万円程度の統計があります。新卒では20万円前後です。 勤務先・ 場所・手当で探す 自宅から通いやすい歯科医院を探す人もいます。実は、歯科医院によって、各種手当が違っています。  交通費手当  残業手当  住宅手当  退職金  資格取得制度  雇用保険 交通費手当のほか、残業手当がない歯科医院もあるため、自宅から通える近さの勤務先で探す人も多いです。自宅から近くであれば、交通費がかからず自宅にもすぐに帰宅しやすいメリットがあり、交通費手当が出なくても負担は軽くなり、子育てをしているママだと、子供が急病の時にも自宅近くの歯科医院であれば迎えに行きやすくなります。

歯科医師を補助するお仕事、歯科衛生士は、子育てと両立しやすいことでも有名です。 その理由は、日曜日休診の医院が多く、子供の予定に合わせて休日を取れるため。診察が午前と午後になっている医院が多いため、勤務先が近所ならお昼ごはんを自宅で食べることができる点もメリットです。 歯科衛生士の仕事は日曜休み中心 歯科医院で働く時には、勤務先の休診日と診療日を最初に確認するのがおすすめです。 多くの歯科医院では、日曜日を休みにしているところがほとんど。ただ、大型ショッピングモールでは、休診日が全くない年中無休診療の場合もあります。 歯科衛生士は、医院の診療時間に合わせて働きます。 日曜日休診→日曜日休み 水曜日休診→水曜日休み パートタイムや短時間勤務なら、働く曜日を選べる場合も 歯科衛生士でも、子育て中だとフルタイム勤務ではなく、パートタイムや短時間勤務で働くこともあるはずですが、人手不足だとシフトに入っていない時間も働けないか声をかけられる可能性もあります。その場合も日曜日休診の医院であれば、日曜日は子供と一緒に過ごすことができます。 また、歯科医院では診療時間が決まっているため、残業が長くなることは少ないです。 勤務先は近所がおすすめ?歯科衛生士として働くなら 勤務先を選ぶ時にも、子育て中なら遠方よりも自宅から気軽に通える範囲を選ぶのがおすすめです。 勤務先を近所にすることで、お昼休みには  自宅に帰宅してお昼を取る  掃除や洗濯など家事をする  銀行や郵便局のATMでお金をおろす  夕ご飯の準備をする などできます。 歯科医院の勤務時間も、個人経営の歯科医院だと、さまざまです。 朝も8時30分から始まる医院のほか、9時~、9時30分~、午後の診療時間も夕方診療、夜間診療のある医院など。保健所、介護施設で勤務する場合では、9時から17時30分。会社員よりも早めの帰宅ができる可能性もあります。 子育て中にぴったりな仕事! お昼休みには歯科医院の休憩室でお昼を食べるほか、許されれば自宅に帰って用事を済ませたりできるのも大きなメリット。 個人経営の歯科医院で短時間勤務なら、子供の入学式や卒園式、運動会やお遊戯会などのイベントの時には休みを取らせてくれたり、子供の病気の時には休ませてくれたり都合がつきやすいです。 また、歯科医院では、様々な職種の人が働いています。  歯科医  歯科衛生士  歯科技工士  歯科助手  受付 この中で、国家資格なのは歯科医師と歯科衛生士、歯科技工士の3つです。 歯科衛生士は国家試験に合格して取得する必要があり、短大や専門学校で3年以上の知識や技能を習得しなくてはいけません。基礎科目のほか応用科目も勉強が必要で、資格を取得することで、出産や育児でいったんはお仕事をやめたとしても再就職しやすいメリットがあります。歯科衛生士の資格があることで、ブランクありの子育て中でも仕事復帰しやすいです。

―歯科衛生士は復職しやすい!ブランク支援あり 歯科衛生士の魅力は資格を持っているということでお給料面がいいということです。さらに復職しやすいことがあげられます。歯科衛生士は今でこそ男性が増えてきましたが、女性がほとんどを占める職種です。そのため結婚や妊娠、出産などのイベントで仕事を続けられなくなるということが起こります。常に人手不足をうたわれている職業です。だからこそ、辞めてしまってまた復職したいと考えた時に、復職しやすい職種なのです。さらに歯科衛生士は復職サポートもある職種なので、復職を考えている人はぜひ行動におこしましょう。   ――ブランクがあっても復職しやすい歯科衛生士 歯科衛生士は国家資格であり、歯科の医療行為ができる職種です。資格を持っていない人は医療行為は行えません。資格を持っている人しかできないので、今でも歯科衛生士は不足し、需要も多いです。「ブランクがあってできるかどうかわからない・・・。」と不安になる人もいるかと思いますが、ほとんどの歯科医院が、ブランクを歓迎していると求人で出ているのです。昔やっていた医療行為を最新機器で扱うなど違う場面もありとまどいもでてきますが、そういった時は同じ歯科衛生士がフォローしてくれます。   ――復職支援セミナーに参加する 資格を持っていながら、今歯科衛生士の職についていない人数は、現在働いている歯科衛生士の数よりも多いと言われています。その結果、歯科衛生士不足となり、多くの歯科医院が歯科衛生士の求人を出しています。しかしブランクなどで躊躇している人も多く、なかなか不足の改善ができていませんでした。そこで、地域や歯科大学では「復職セミナー」や「復職支援事業」などを立ち上げ、復職への道をお手伝いしているのです。研修費用は有料の所もあれば、無料の所もあります。今の歯科治療や、最新機器、保健指導を含め、中には就職先の案内をしてくれる所もあります。登録だけでもしてみようと参加してみた人の多くが「復職しやすくなった」と答えています。さらに、セミナーに参加したことで復職先でのスキルアップになったと言う人もいます。   ――人間関係の良好な職場で探す 職場を探す際には、お金や出勤日、近くて通いやすいかどうかなどで探すのはもちろんですが、人間関係など職場の雰囲気を見て決めるのをおすすめします。ハローワークや求人では職場の雰囲気はわからないので、見学OKの求人サイトなどで一度雰囲気を見るのも一つです。ブランクあって復職したからこそ、雰囲気のいい職場の方が長続きします。

―歯科衛生士の転職理由ナンバー1は人間関係 歯科衛生士が転職する理由には様々あります。結婚や出産で辞めるのではなく、あくまで職場を変える理由としてのアンケート1番の理由は「人間関係」というデータが出ています。職場は一日の多くの時間を過ごす場所であることで、人間関係のストレスが大きいです。院長との関係、スタッフとの関係、もちろん患者さんとの人間関係も含まれているでしょう。歯科衛生士が一番に人間関係に悩むのはなぜでしょう。せっかく歯科衛生士の資格を持ち、やりがいを感じて就職するのですから、誰しもがいい職場で仕事をしたいです。その人間関係の原因とその対処法で改善はしないのでしょうか。   ――歯科衛生士が人間関係で悩みやすい理由 歯科衛生士の職場環境は、開業医の元で働く場合が多く、院長とスタッフといった少人数での職場になります。さらに忙しいこと、繊細な作業が多い、ミスが許されないということも重なって、殺伐とした空気が流れやすいです。また、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手など資格を持った人たちの集まりの職場なので、そのパワーバランスがおかしくなることで、人間関係を悪化させてしまうことがあります。また院長がワンマンである、お局的なスタッフがいるという話もよく聞きます。小さい職場でのやり方の確立でぶつかることも少なくありません。   ――人間関係を良好にするための心がけ 忙しいとコミュニケーションが減ってしまい、お互いの気持ちがすれ違う状態で仕事が進んでいってしまいます。気持ちに余裕がないとミスも多くなり、さらに殺伐とし、人間関係は悪化すると言った悪循環になります。普段からのコミュニケーションを心がけるだけで職場の雰囲気は変化します。ささいな心使いで変わってくることがあります。また、他の職種のスタッフに対する尊敬や理解をすることが大事です。医師に対しては「歯科衛生士としての自分を軽視してこき使われている。」と感じる、歯科助手に対して「資格や知識のある自分に口を出さないでほしい」と思ってしまうことがあるなど、イライラの原因があります。相手の職種や立場を理解し、尊重することで相手の態度が良好になります。   ――それでも改善しないなら転職を 「自分では気を遣い努力した」「コミュニケーションを取るよう心がけてみた」、でも人間関係が改善しなかった。そんな場合は転職を考えましょう。ストレスに感じるほど気を使うことはありません。今は多くの歯科医院で求人募集も出ていますし、転職することに対して気をもむ必要はありません。また転職の際には、医院ごとのカラーもあるので、自分に合っているかどうかということも選ぶポイントです。次に行った先の医院が人間関係の良好だけでなく、転職することでスキルアップになることもあります。