歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

  訪問歯科や日曜診療などサービスが多様化しており、歯科衛生士の転職を成功させるには、事前に求められるスキルや求人傾向などリサーチすることが大切です。転職理由が具体的なら就職先の条件が明確になります。必要なステップを踏まえることが転職の基本です。 歯科に限らず、医療技術は日々進歩しているため、歯科衛生士を取り巻く転職市場もどんどん移り変わっています。これから転職を考えているのであれば、今後、歯科衛生士に求められるスキルや求人傾向についてリサーチしておくことが大切です。実際に就職活動をスタートさせる前に準備しておきたいことをご紹介します。   訪問歯科や日曜診療などサービスが多様化 高齢化社会が進行し、歯科治療が必要な要介護認定の高齢者も増加していることから、訪問診療を行う歯科医院が増えつつあります。公益社団法人日本歯科医師会の調査によれば、それでもまだ全体の約9%とニーズに追いついていません。訪問診療を行う歯科衛生士が不足しているためです。一般社団法人日本訪問歯科協会によれば、歯科診療を必要としながら、治療が受けられない要介護者は254.7万人に達するそうです。訪問歯科なら子育てや介護などの人生経験が活かせます。また、患者さんから選ばれる歯科医院になるために、日曜や夜間に診療する歯科医院、最新医療機器で差別化を図るなどサービスが多様化しています。転職前に歯科医院の診療方針を把握しておくことが重要です。   退職理由は具体的に考える 転職を成功させるためには退職を決意し、新しい職場で再スタートを切るぞ!という気持ちの切り替えとポジティブな気持ちが大切です。歯科衛生士が職場を辞めたいと思う理由のトップ3は職場の人間関係、仕事内容や職場環境への不満、給与・待遇面の不満だそうです。小さなクリニックで院長や同僚との関係が上手くいかないと働きづらいですし、仕事以外の雑用が多かったり、サービス残業が多かったりすると働く意欲も萎えてしまいます。現状への不満が理由なら有給消化率が高い、賞与が毎年支給されるなど具体的な希望を持って転職活動をすることです。一番良くないのは、何となく雰囲気が合わないなど退職理由に具体性がないことです。自分が退職したい理由を明確にすることで次の就職先も具体的にイメージできます。   転職活動の準備をする 転職活動はいくつかのステップがあり、それぞれのステップごとに必要な準備があります。例えば希望条件に合う歯科医院の求人を探し、面接を受けた際に「いつから勤務できますか?」と聞かれたときに、今の職場に退職する話をしていなければ、話しを進められません。まず、具体的な退職理由を持って退職の意思を伝えます。次に希望条件に合う歯科医院をリストアップし、面接先を選び、志望動機を持って面接を受けます。人材紹介サービスを利用すると、求人票にはない情報やアドバイスをもらうことができます。就職が決まれば、目標を持って仕事に取り組むことです。 転職を成功させるためには、面接時に条件を確認したり、職場の雰囲気を観察したりすることが有効ですが、入職前に待遇面の質問をすることはハードルが高いものです。その場合は人材紹介サービスを利用すると、キャリアアドバイザーが代わりに質問や交渉を行ってくれるので、検討することをお勧めします。

歯科衛生士は女性の比率が高く、結婚・出産を経て子育てをしながら仕事をしなければならないという人もいるでしょう。その場合、まず子供を預けられるような保育園を確保して、この預けている時間に勤務できるような条件のクリニックを見つけることが求められます。   -子育てと仕事を両立させるポイントは 歯科衛生士を男女別でみると女性の占める割合が大きいです。女性の場合、結婚や出産でライフステージが変わることで仕事のスタイルも変えていかないといけません。その中でも大きな課題になるのは、子育てと仕事の両立をどううまく行うかではないでしょうか?   –保育園を確保することが大事 子育てをしながら歯科衛生の仕事を続けるには、何はなくても子供を勤務中預けられる保育園を確保する必要があります。しかし保育園が不足していて、待機児童問題がニュースなどでもしばしば取り上げられています。もし歯科衛生士としてママさんが仕事をする場合には、保育園に関する情報収集を始めることです。通える範囲でどこにあるのか、新規入園枠や倍率はどのくらいかなどを見ましょう。もし施設があまり多くなければ、無認可保育園の活用はできないかも検討してみましょう。ネットで調べるのはもちろんのこと、住んでいる自治体に相談するなどの方法も考えられます。 –子育てしながら働きやすい求人の見つけ方 子育てと歯科衛生士の仕事の両立できるようなクリニックを見つける必要があります。そこで重要なポイントは、現在ママさんスタッフが活躍しているかどうかです。育児をしながら仕事をしている人が多数在籍していれば、両立のしやすい職場であることが推測できます。またお互い育児の大変さを理解しているので、何か困ったことがあればフォローもしてもらえます。急に子供が発熱した、けがしたなどで休んだり相対したりしなければならない場合でも事情を理解してくれやすいです。また小児歯科に力を入れているクリニックもねらい目です。子供の患者が多いので、育児真っ最中のスタッフがいると安心して子供を任せられるからです。 –勤務時間を考えることも重要 子供がいると、勤務時間に限りも出てくるでしょう。例えば保育園に子供を預ける場合、夜遅くまで勤務はできないでしょう。早めに仕事を終えられるようなシフトを組んでくれるような職場の方が働きやすいです。また近年の歯医者さんを見ると、土日や祝日でも開業しているところも多いです。土日は保育園が開いていないでしょうから、家族の協力が期待できるかなども見ながら職探しをした方がいいです。また保育園には土曜日受け入れているところもありますし、託児所の一時保育を利用して土日シフトを入れる対策も考えられます。このように育児に支障をきたさない範囲で勤務できるかどうかを検討しましょう。

歯科衛生士の復職で失敗しないポイントは焦らず、給与や勤務時間などの条件を安易に妥協しないこと、人材教育に力を入れている医院中心に選ぶこと、人材紹介会社を活用することの3つです。注意するポイントを押さえていれば、不安に思うことも少なくなります。 歯科衛生士の資格と経験を持っていても、ブランク期間が長いと以前のように仕事ができるのか、復職して子育てや家事と両立していけるのかと、不安の方が大きいのではないでしょうか?例えブランクがあっても、復職で失敗しないポイントを押さえていれば、不安に思うことも少なくなります。歯科衛生士として復帰したい方が注意するべきポイントをご紹介します。 復職を焦らず妥協しない ブランクが長くなるほど、早く復職しなくてはと気持ちが焦りがちです。就職したいがために給与条件や勤務時間、通勤時間など希望通りでなくても、少々我慢してしまい、働き始めてから後悔するケースが少なくありません。例えば歯科衛生士の仕事以外の雑用が多い、残業が多い、お休みの申請がしづらいなどです。復帰後の最初の職場で挫折してしまうと、次の就業先を探すのがおっくうになることもあります。ブランクが長い方ほど復帰後の就業先選びは慎重にし、焦らないことです。希望する条件があれば、安易に妥協せず、働き続けられる職場環境かどうか、面接のときに確認するようにしましょう。   人材教育に力を入れている医院中心に選ぶ 長いブランクがあると、何年も現場を離れているわけですから、基本的な手順についてもうろ覚えになっていますし、仕事のカンを取り戻すまで相応の時間がかかります。歯科医院によってそれぞれの診療方針があり、施術方法も違っていたりするので、現場で教わりながら身につけていくしかありません。ブランクがあることを理解し、長い目で見て親切に指導してくれる職場であれば、焦らずに着実に歯科衛生士としての自信を取り戻すことができます。人材教育に力を入れている歯科医院を中心にピックアップすることです。自分がこの歯科医院で新たに学びたいという意気込みを伝えれば、ブランクを気にする必要はありません。   人材紹介会社を活用する 最近は歯科衛生士の転職をサポートしてくれる、人材紹介サービスが広がって来ています。多くの歯科医院の中から自分に最適な就業先を選ぶのは非常に困難で、院長の診療方針や職場の人間関係まで含めて自分に適した職場かどうかを見極めるのは至難の業です。歯科衛生士専用の人材紹介会社であれば、キャリアアドバイザーが歯科医院の情報を一つひとつ分析し、求職者に適した就業先かどうかプロの目で判断してくれます。また、これまでのマッチング支援の実績に基づき、ブランクに応じた復職先を提案してもらえます。求人は自分で探すのではなく、人材紹介会社を利用すると失敗を避けられます。 ブランクがあっても、自分が働ける歯科医院はきっとあるはずです。資格を持っていながら復職を躊躇している歯科衛生士さんは、勇気を持って一歩を踏み出してください。

歯科衛生士は、ほかの職場とは異なって少数精鋭の職場が多く、女性中心の環境で人間関係に影響を及ぼしやすいといわれています。離職を希望する人も多いので、普段からコミュニケーションの構築を意識する、ほかの職種に関する理解を深めるなどの対策を講じましょう。   -失敗しない歯科衛生士の人間関係における注意点 歯科衛生士の中には離職を検討している人も多いです。その理由の中で、人間関係は上位に来ることが多いです。なぜこのような悩みを抱える人が多いのか、それは職場環境がほかの業種と比較して特異だからというのが関係しています。   –特異な世界である歯科衛生士 歯科衛生士の職場は歯科医院であることが多いです。歯科医院は、ほとんどのケースで小さな診療所で、働いているスタッフの数も多いです。このため、ひとたび人間関係が悪化すると全体への影響が大きいです。しかも歯医者や歯科助手、医療事務などいろいろな職種の人が一緒になって仕事をしています。このような職種の違いで、お互いの誤解が起こりやすく人間関係の悪化が懸念されます。また一般的な傾向として、歯科医院は女性スタッフの割合が多いです。女性の多い職場の場合、常にそうとは限りませんが人間関係に様々な懸案が発生することもあり得ます。このように、ほかの一般企業や大学病院などの大規模医療機関とは異なる特徴を有しています。   –コミュニケーションをこまめにとること 歯科衛生士が職場の人間関係で悩まないようにするためには、コミュニケーションを意識的に図ることです。特に患者さんが多くて忙しいクリニックの場合、どうしても目の前の仕事が優先で職員間で言葉を交わす時間が少なくなります。そこで普段から意識して同僚に話しかけるなど、関係性を構築しておきましょう。そうすれば誤解や齟齬をきたす可能性が低く、人間関係の悪化を防げます。   –ほかのスタッフへの理解を深めること 歯科衛生士の資格を持っていると、そのことに対する専門性を自覚している方が多いです。自分の仕事に対して誇りを持つことはもちろんいいことです。しかしそこにあまりこだわってしまうと、ほかのスタッフとの関係性がぎくしゃくしてしまいかねません。歯科衛生士の意見や口コミを見ると、歯医者さんに対して「自分たちのことを軽視しているのではないか?」と感じる人も多いようです。また歯科助手に対していろいろといわれると、「資格も知識もないくせに…」と感じる人も見られます。しかしそのように自分の立場に固執するのではなく、ほかの職種についても理解するように努めることです。相手の立場を理解して、尊重する意識を持てば、それが日々の態度にも反映されます。その結果信頼関係が構築され、円滑な人間関係が期待できるようになります。