歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科衛生士の復職で失敗しないポイントは焦らず、給与や勤務時間などの条件を安易に妥協しないこと、人材教育に力を入れている医院中心に選ぶこと、人材紹介会社を活用することの3つです。注意するポイントを押さえていれば、不安に思うことも少なくなります。 歯科衛生士の資格と経験を持っていても、ブランク期間が長いと以前のように仕事ができるのか、復職して子育てや家事と両立していけるのかと、不安の方が大きいのではないでしょうか?例えブランクがあっても、復職で失敗しないポイントを押さえていれば、不安に思うことも少なくなります。歯科衛生士として復帰したい方が注意するべきポイントをご紹介します。 復職を焦らず妥協しない ブランクが長くなるほど、早く復職しなくてはと気持ちが焦りがちです。就職したいがために給与条件や勤務時間、通勤時間など希望通りでなくても、少々我慢してしまい、働き始めてから後悔するケースが少なくありません。例えば歯科衛生士の仕事以外の雑用が多い、残業が多い、お休みの申請がしづらいなどです。復帰後の最初の職場で挫折してしまうと、次の就業先を探すのがおっくうになることもあります。ブランクが長い方ほど復帰後の就業先選びは慎重にし、焦らないことです。希望する条件があれば、安易に妥協せず、働き続けられる職場環境かどうか、面接のときに確認するようにしましょう。   人材教育に力を入れている医院中心に選ぶ 長いブランクがあると、何年も現場を離れているわけですから、基本的な手順についてもうろ覚えになっていますし、仕事のカンを取り戻すまで相応の時間がかかります。歯科医院によってそれぞれの診療方針があり、施術方法も違っていたりするので、現場で教わりながら身につけていくしかありません。ブランクがあることを理解し、長い目で見て親切に指導してくれる職場であれば、焦らずに着実に歯科衛生士としての自信を取り戻すことができます。人材教育に力を入れている歯科医院を中心にピックアップすることです。自分がこの歯科医院で新たに学びたいという意気込みを伝えれば、ブランクを気にする必要はありません。   人材紹介会社を活用する 最近は歯科衛生士の転職をサポートしてくれる、人材紹介サービスが広がって来ています。多くの歯科医院の中から自分に最適な就業先を選ぶのは非常に困難で、院長の診療方針や職場の人間関係まで含めて自分に適した職場かどうかを見極めるのは至難の業です。歯科衛生士専用の人材紹介会社であれば、キャリアアドバイザーが歯科医院の情報を一つひとつ分析し、求職者に適した就業先かどうかプロの目で判断してくれます。また、これまでのマッチング支援の実績に基づき、ブランクに応じた復職先を提案してもらえます。求人は自分で探すのではなく、人材紹介会社を利用すると失敗を避けられます。 ブランクがあっても、自分が働ける歯科医院はきっとあるはずです。資格を持っていながら復職を躊躇している歯科衛生士さんは、勇気を持って一歩を踏み出してください。

歯科衛生士は、ほかの職場とは異なって少数精鋭の職場が多く、女性中心の環境で人間関係に影響を及ぼしやすいといわれています。離職を希望する人も多いので、普段からコミュニケーションの構築を意識する、ほかの職種に関する理解を深めるなどの対策を講じましょう。   -失敗しない歯科衛生士の人間関係における注意点 歯科衛生士の中には離職を検討している人も多いです。その理由の中で、人間関係は上位に来ることが多いです。なぜこのような悩みを抱える人が多いのか、それは職場環境がほかの業種と比較して特異だからというのが関係しています。   –特異な世界である歯科衛生士 歯科衛生士の職場は歯科医院であることが多いです。歯科医院は、ほとんどのケースで小さな診療所で、働いているスタッフの数も多いです。このため、ひとたび人間関係が悪化すると全体への影響が大きいです。しかも歯医者や歯科助手、医療事務などいろいろな職種の人が一緒になって仕事をしています。このような職種の違いで、お互いの誤解が起こりやすく人間関係の悪化が懸念されます。また一般的な傾向として、歯科医院は女性スタッフの割合が多いです。女性の多い職場の場合、常にそうとは限りませんが人間関係に様々な懸案が発生することもあり得ます。このように、ほかの一般企業や大学病院などの大規模医療機関とは異なる特徴を有しています。   –コミュニケーションをこまめにとること 歯科衛生士が職場の人間関係で悩まないようにするためには、コミュニケーションを意識的に図ることです。特に患者さんが多くて忙しいクリニックの場合、どうしても目の前の仕事が優先で職員間で言葉を交わす時間が少なくなります。そこで普段から意識して同僚に話しかけるなど、関係性を構築しておきましょう。そうすれば誤解や齟齬をきたす可能性が低く、人間関係の悪化を防げます。   –ほかのスタッフへの理解を深めること 歯科衛生士の資格を持っていると、そのことに対する専門性を自覚している方が多いです。自分の仕事に対して誇りを持つことはもちろんいいことです。しかしそこにあまりこだわってしまうと、ほかのスタッフとの関係性がぎくしゃくしてしまいかねません。歯科衛生士の意見や口コミを見ると、歯医者さんに対して「自分たちのことを軽視しているのではないか?」と感じる人も多いようです。また歯科助手に対していろいろといわれると、「資格も知識もないくせに…」と感じる人も見られます。しかしそのように自分の立場に固執するのではなく、ほかの職種についても理解するように努めることです。相手の立場を理解して、尊重する意識を持てば、それが日々の態度にも反映されます。その結果信頼関係が構築され、円滑な人間関係が期待できるようになります。

歯科衛生士の仕事は、歯科医師の診療の補助をします。この歯科衛生士は国家資格。一度、仕事を辞めたとしても再就職しやすいと言われています。 ある地域では、結婚や出産で離職した人を対象にした研修会の支援などもあり、自分が希望する職場に出会える可能性が高くなっています。 歯科衛生士は再就職しやすい!歯科医との関係も良好に 歯科衛生士は国家資格なので、保有するためには3年間の短大や専門学校での知識習得が必須です。そのため、技術職でもあり、再就職しやすいのが特徴です。 ある地域では、育児や出産で離職した人を対象に研修会を開催したり、診療所の見学をしたり、登録をしておくと再就職についての情報を教えてくれるサービスを提供しています。 結婚や出産、育児で歯科衛生士を離職する人が多いのですが、有資格者の歯科衛生士は再就職も有利。いったん仕事を離れた人でも、条件を吟味して仕事選びができます。 歯科医師や受付の職場の人間関係で探す 歯科衛生士として働く人の中で、辞めたい理由の上位が人間関係。 人間関係に悩む理由は、仕事内容が医療関係分野でミスが許されない内容で、歯科医師も強い口調になりがちだからですが、大企業と比較して、少人数で運営している歯科医院は、人間関係が合わないことは致命的で、合わないようなら違う医院を探す人もいます。 (人間関係がよくなかった例)  処置が悪かったようで、患者さんの前で足を踏まれた  インフルエンザなのに休めなかった  舌打ちされる  プライベートのことを詮索される  休日なのにシフトを入れられた  院長の考え方と自分の考えが合わない 小さな歯科医院では、休みも取りにくく、1人の歯科医師にずっとつきそって働く歯科衛生士だと、医師との相性がとても大切です。 歯科衛生士のキャリアによるものもあり、業務中のミスも、次に起こさないように行動を見直すことで相手に理解してもらえたりするのですが、患者さんがいる環境で失敗は許されない環境なので、診療中にもたもたしていると怒られてしまったりすることもあります。 こればかりは歯科衛生士の技術と歯科医師の性格によるところが大きいです。 また、歯科医院には、歯科技工士や歯科助手、医療秘書(受付)も働いていますが、その人たちとの人間関係で転職を考える人もいます。 より高い給料面で探す 歯科衛生士の給料額は、職場によって、働く時間によって差があります。歯科医院も大きなクリニック、1人の医師に1人の歯科衛生士の小さい医院もあり待遇は歯科医院で違います。規模が大きいなら給料がいいわけではありませんが、おおむね大きな病院だと高給になりやすい特徴があります。 地方都市だと安くなる、キャリア・能力で高くなるなど条件もあります。 フルタイムの歯科衛生士の給料を見ると、全国平均で月25万円程度。年収は300万円程度の統計があります。新卒では20万円前後です。 勤務先・ 場所・手当で探す 自宅から通いやすい歯科医院を探す人もいます。実は、歯科医院によって、各種手当が違っています。  交通費手当  残業手当  住宅手当  退職金  資格取得制度  雇用保険 交通費手当のほか、残業手当がない歯科医院もあるため、自宅から通える近さの勤務先で探す人も多いです。自宅から近くであれば、交通費がかからず自宅にもすぐに帰宅しやすいメリットがあり、交通費手当が出なくても負担は軽くなり、子育てをしているママだと、子供が急病の時にも自宅近くの歯科医院であれば迎えに行きやすくなります。

歯科医師を補助するお仕事、歯科衛生士は、子育てと両立しやすいことでも有名です。 その理由は、日曜日休診の医院が多く、子供の予定に合わせて休日を取れるため。診察が午前と午後になっている医院が多いため、勤務先が近所ならお昼ごはんを自宅で食べることができる点もメリットです。 歯科衛生士の仕事は日曜休み中心 歯科医院で働く時には、勤務先の休診日と診療日を最初に確認するのがおすすめです。 多くの歯科医院では、日曜日を休みにしているところがほとんど。ただ、大型ショッピングモールでは、休診日が全くない年中無休診療の場合もあります。 歯科衛生士は、医院の診療時間に合わせて働きます。 日曜日休診→日曜日休み 水曜日休診→水曜日休み パートタイムや短時間勤務なら、働く曜日を選べる場合も 歯科衛生士でも、子育て中だとフルタイム勤務ではなく、パートタイムや短時間勤務で働くこともあるはずですが、人手不足だとシフトに入っていない時間も働けないか声をかけられる可能性もあります。その場合も日曜日休診の医院であれば、日曜日は子供と一緒に過ごすことができます。 また、歯科医院では診療時間が決まっているため、残業が長くなることは少ないです。 勤務先は近所がおすすめ?歯科衛生士として働くなら 勤務先を選ぶ時にも、子育て中なら遠方よりも自宅から気軽に通える範囲を選ぶのがおすすめです。 勤務先を近所にすることで、お昼休みには  自宅に帰宅してお昼を取る  掃除や洗濯など家事をする  銀行や郵便局のATMでお金をおろす  夕ご飯の準備をする などできます。 歯科医院の勤務時間も、個人経営の歯科医院だと、さまざまです。 朝も8時30分から始まる医院のほか、9時~、9時30分~、午後の診療時間も夕方診療、夜間診療のある医院など。保健所、介護施設で勤務する場合では、9時から17時30分。会社員よりも早めの帰宅ができる可能性もあります。 子育て中にぴったりな仕事! お昼休みには歯科医院の休憩室でお昼を食べるほか、許されれば自宅に帰って用事を済ませたりできるのも大きなメリット。 個人経営の歯科医院で短時間勤務なら、子供の入学式や卒園式、運動会やお遊戯会などのイベントの時には休みを取らせてくれたり、子供の病気の時には休ませてくれたり都合がつきやすいです。 また、歯科医院では、様々な職種の人が働いています。  歯科医  歯科衛生士  歯科技工士  歯科助手  受付 この中で、国家資格なのは歯科医師と歯科衛生士、歯科技工士の3つです。 歯科衛生士は国家試験に合格して取得する必要があり、短大や専門学校で3年以上の知識や技能を習得しなくてはいけません。基礎科目のほか応用科目も勉強が必要で、資格を取得することで、出産や育児でいったんはお仕事をやめたとしても再就職しやすいメリットがあります。歯科衛生士の資格があることで、ブランクありの子育て中でも仕事復帰しやすいです。

―歯科衛生士は復職しやすい!ブランク支援あり 歯科衛生士の魅力は資格を持っているということでお給料面がいいということです。さらに復職しやすいことがあげられます。歯科衛生士は今でこそ男性が増えてきましたが、女性がほとんどを占める職種です。そのため結婚や妊娠、出産などのイベントで仕事を続けられなくなるということが起こります。常に人手不足をうたわれている職業です。だからこそ、辞めてしまってまた復職したいと考えた時に、復職しやすい職種なのです。さらに歯科衛生士は復職サポートもある職種なので、復職を考えている人はぜひ行動におこしましょう。   ――ブランクがあっても復職しやすい歯科衛生士 歯科衛生士は国家資格であり、歯科の医療行為ができる職種です。資格を持っていない人は医療行為は行えません。資格を持っている人しかできないので、今でも歯科衛生士は不足し、需要も多いです。「ブランクがあってできるかどうかわからない・・・。」と不安になる人もいるかと思いますが、ほとんどの歯科医院が、ブランクを歓迎していると求人で出ているのです。昔やっていた医療行為を最新機器で扱うなど違う場面もありとまどいもでてきますが、そういった時は同じ歯科衛生士がフォローしてくれます。   ――復職支援セミナーに参加する 資格を持っていながら、今歯科衛生士の職についていない人数は、現在働いている歯科衛生士の数よりも多いと言われています。その結果、歯科衛生士不足となり、多くの歯科医院が歯科衛生士の求人を出しています。しかしブランクなどで躊躇している人も多く、なかなか不足の改善ができていませんでした。そこで、地域や歯科大学では「復職セミナー」や「復職支援事業」などを立ち上げ、復職への道をお手伝いしているのです。研修費用は有料の所もあれば、無料の所もあります。今の歯科治療や、最新機器、保健指導を含め、中には就職先の案内をしてくれる所もあります。登録だけでもしてみようと参加してみた人の多くが「復職しやすくなった」と答えています。さらに、セミナーに参加したことで復職先でのスキルアップになったと言う人もいます。   ――人間関係の良好な職場で探す 職場を探す際には、お金や出勤日、近くて通いやすいかどうかなどで探すのはもちろんですが、人間関係など職場の雰囲気を見て決めるのをおすすめします。ハローワークや求人では職場の雰囲気はわからないので、見学OKの求人サイトなどで一度雰囲気を見るのも一つです。ブランクあって復職したからこそ、雰囲気のいい職場の方が長続きします。

―歯科衛生士の転職理由ナンバー1は人間関係 歯科衛生士が転職する理由には様々あります。結婚や出産で辞めるのではなく、あくまで職場を変える理由としてのアンケート1番の理由は「人間関係」というデータが出ています。職場は一日の多くの時間を過ごす場所であることで、人間関係のストレスが大きいです。院長との関係、スタッフとの関係、もちろん患者さんとの人間関係も含まれているでしょう。歯科衛生士が一番に人間関係に悩むのはなぜでしょう。せっかく歯科衛生士の資格を持ち、やりがいを感じて就職するのですから、誰しもがいい職場で仕事をしたいです。その人間関係の原因とその対処法で改善はしないのでしょうか。   ――歯科衛生士が人間関係で悩みやすい理由 歯科衛生士の職場環境は、開業医の元で働く場合が多く、院長とスタッフといった少人数での職場になります。さらに忙しいこと、繊細な作業が多い、ミスが許されないということも重なって、殺伐とした空気が流れやすいです。また、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手など資格を持った人たちの集まりの職場なので、そのパワーバランスがおかしくなることで、人間関係を悪化させてしまうことがあります。また院長がワンマンである、お局的なスタッフがいるという話もよく聞きます。小さい職場でのやり方の確立でぶつかることも少なくありません。   ――人間関係を良好にするための心がけ 忙しいとコミュニケーションが減ってしまい、お互いの気持ちがすれ違う状態で仕事が進んでいってしまいます。気持ちに余裕がないとミスも多くなり、さらに殺伐とし、人間関係は悪化すると言った悪循環になります。普段からのコミュニケーションを心がけるだけで職場の雰囲気は変化します。ささいな心使いで変わってくることがあります。また、他の職種のスタッフに対する尊敬や理解をすることが大事です。医師に対しては「歯科衛生士としての自分を軽視してこき使われている。」と感じる、歯科助手に対して「資格や知識のある自分に口を出さないでほしい」と思ってしまうことがあるなど、イライラの原因があります。相手の職種や立場を理解し、尊重することで相手の態度が良好になります。   ――それでも改善しないなら転職を 「自分では気を遣い努力した」「コミュニケーションを取るよう心がけてみた」、でも人間関係が改善しなかった。そんな場合は転職を考えましょう。ストレスに感じるほど気を使うことはありません。今は多くの歯科医院で求人募集も出ていますし、転職することに対して気をもむ必要はありません。また転職の際には、医院ごとのカラーもあるので、自分に合っているかどうかということも選ぶポイントです。次に行った先の医院が人間関係の良好だけでなく、転職することでスキルアップになることもあります。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび株式会社DHマイライフは、平成31年3月6日をもちまして、歯科衛生士の転職サポートに関する事業を、女性の活躍をサポートする人材事業を手掛ける会社である株式会社ドリバーに譲渡することになりました。 ここに永年にわたり賜わりましたご愛顧、ご厚情に対しまして哀心よりお礼申し上げます。 新たな体制で皆様のご要望にお応えしていく所存でございますので、ご高承の上、倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますよう伏してお願い申し上げます。 まずは、略儀ながら書面をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 平成31年3月吉日 株式会社DHマイライフ 代表取締役 元尾 将之 株式会社ドリバー 代表取締役 戸川 了輔 【事業譲受会社】 株式会社ドリバー (所在地)〒173-0004 東京都板橋区板橋2-20-5-5F (電話番号)03-6905-4515 【事業譲渡会社】 株式会社DHマイライフ (所在地)〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7-8F (電話番号) 03-6868-5116 本件に関するお問い合わせは、株式会社ドリバーまでお願いいたします。

新卒者の多くは学生の間に就職活動を行い、内定をもらって、この春、晴れて新社会人として働き始めたという人がほとんどでしょう。 歯科衛生士の場合も同じです。歯科衛生士を養成する専門学校や短期大学で学び、就職活動を行い、国家資格に合格すると晴れて、歯科衛生士として歯科医院などで働くことができるようになります。 歯科衛生士としての一歩を踏み出す職場で、緊張したり、不安になったり、院長や先輩の歯科衛生士、同僚、そして患者さんとなかなか上手くコミュニケーションが取れずに、一日がとても長く感じて疲労も溜まってしまいます。 とここで、中には、就職したばかりだけど、もう既に辞めたいという人も出てきているのではないでしょうか。 ・就職して、すぐに出てくる辞める理由 就職したばかりなのに、すでにもう辞めたいという人の辞める理由はどんな理由があるのでしょうか。 ▲職場の雰囲気が合わない ▲院長や先輩、同僚とのコミュニケーションが上手く取れない ▲患者さんとのコミュニケーションが上手くいかない ▲仕事内容自体が自分に合わない ▲雑用が多い などでしょうか。就職したばかりで、何を言っているんだと言われてしまいそうですが、実際に感じている本人にとっては、こんなはずではなかった、仕事に行くのが辛いなど、苦しいことも多いのではないでしょうか。 ・早期退職をするリスクを考える 職場の雰囲気が合わない、先輩や患者さんと上手くコミュニケーションが取れないことが辞める理由となると、早期退職を考え始めます。 ですが、わずか数週間、数ヶ月程度で退職をし、転職をしてしまうと、その後のキャリアに悪影響を及ぼしかねません。 特に新卒の場合は、内定していた就職先を退職して、転職をしてしまうと、新卒なのにどうして?と転職先の面接官に勘ぐられてしまう可能性が出てきてしまいます。 根気がないのでは?本人に問題があるのでは?と履歴書を見ただけでネガティブな印象を与えてしまうことになり、それが原因で不採用になってしまう可能性も捨てきれません。 ・まずは様子を見てみましょう 就職したばかりで、既に辞めたいと思う場合には、まずは落ち着いて様子を見てみましょう。新しい環境に入ったばかりのころは、どうしても嫌なところも目につきやすい状態にあります。少しだけ立ち止まって、その職場の良いところに目を向けてみるように努力してみましょう。 就職したばかりなのに、すでに辞めたい人の中には、職場が合わないと感じ、辞める理由になっている人がいるのではないでしょうか。 でも、ちょっとまずは立ち止まって考えてみてください。

専門学校や短期大学などで専門知識や技術を学び、晴れて国家試験に合格すると歯科衛生士の国家資格が与えられ、歯科医院などで働くことができるようになります。 歯科衛生士の就職先として一番多いのが、歯科医院ですが、歯科医院に就職する時に気になるのが、健康保険についてではないでしょうか。 歯科医院の求人を見ると、社会保険完備というところもあれば、福利厚生にそういった記載はなく、自分で国保に加入する必要がある場合もあります。また歯科衛生士には、歯科医師国保というものもあり、それぞれの違いについて知っておきましょう。 ・社保に加入する 社保に加入する場合は健康保険と厚生年金がセットになります。運営者は協会けんぽや各社会保険組合です。 社保の保険料は原則として加入者と歯科医院が折半します。歯科医院が社保を完備していれば、アルバイトでもパートでも加入することができます。認定の範囲内で親族を扶養にすることができ、人数が増えても保険料は変わりません。 ただし、歯科医院が社会保険に加入していない場合は社保に加入することができず、国保を選択しなければなりません。 ・国保に加入する 個人事業主や無職の人、その他の保険制度に属していない人が加入します。運営者は市町村役場の国民健康保険窓口です。 国保の保険料は世帯単位で加入者の数や年齢、収入などによって算出されており、社保は企業と加入者が折半するので保険料も国保に比べると安くなるとイメージする人も多いのですが、実際にはどちらがお得になるなどの違いはありません。 また社保と違って扶養という概念がありません。 ・歯科医師国保に加入する 歯科衛生士が歯科医院で働く際に加入することができるのが、歯科医師国保です。 歯科医院で働く歯科衛生士と、その家族が加入することができる保険制度になっています。 歯科医師国保を運営する組合は複数あり、働く地域によって加入することができる組合が異なります。 歯科医師国保に加入することで所得などによって保険料が増減する国保よりも少ない保険料の負担で済むことが多く、健康診断や予防接種などの福利厚生なども充実しています。ただし、自分が勤務している歯科医院では健康保険を使用することができません。 このように、一般的には社保に加入するのが、何かとメリットが多いと思われているのですが、就職する歯科医院に社会保険が完備されていなくても、国保や歯科医師国保という選択肢があり、大きな違いはほとんどないので、社会保険完備以外の歯科医院も就職先として選択肢に入れることができるのではないでしょうか。

歯科衛生士という職業は、専門学校や短期大学などで専門知識や技術を学び、国家資格を取得すると、その後の更新などはないため、一生モノの資格と言えます。また歯科衛生士の資格を取得することで歯科医院や大学病院、企業や行政機関など就職先が豊富にあるので、就職や転職に困るということもほとんどありません。ただし、離職率が高いのも歯科衛生士ならではと言えるでしょう。というのも、女性が多い職業として挙げられることが多く、結婚や出産、育児などを機に離職する人が多いのです。この他にも様々な辞める理由によって転職を繰り返している人も多く存在します。 女性が多い職場ということもあり、結婚生活や育児などが落ち着いて復帰をする人もいるでしょう。ですが意外にも復帰直後に辞める理由が出てきてしまう人もいるようです。 ・歯科衛生士は復帰が難しい?? 町の歯医者さんなど、就職先はたくさんありますし、パートや正社員など働き方も選択肢が広いのですが、結婚や出産、育児などを機に一度離職した場合、復帰後の働く環境が整っていないことがほとんどです。 パートや正社員など働き方を選ぶことが出来るとは言っても、近年では診療時間の延長や土日祝日の診療を行う歯医者さんも増えており、家庭環境を重視する場合には復帰をしても希望となかなか一致せずに、再び離職せざるを得なくなってしまいます。 ・再研修制度がないまま復帰することで 何らかの理由によって一時的に離職することで、臨床から離れてしまうと技術面で再習得期間が必要になります。再就職を希望する多くの歯科衛生士は、研修を希望するのですが、ほとんどの歯科医療機関に再就職プログラムなどがないことから、復帰を果たしても技術面などで不安を抱えながら仕事をすることになります。これがストレスになり、辞める理由になることもあるようです。 解決方法としては、復帰支援や支援研修に力を入れている医院などを選ぶことで安心して復帰することができますが、なかなかそういった医院が少ないのが現状です。 ・一緒に働く歯科衛生士が若い 歯科衛生士ならではの職場環境とも言えるのが、一緒に働く歯科衛生士が若いということです。実際に復帰をしたら、専門学校や短期大学を卒業したばかりの子たちと仕事をしているという人も珍しくはありません。話が合わないなどの理由から、辞める理由になってしまう人もいるようです。 若い人を雇うことで給与を安く抑えることができるなどの、歯科医院の経営的な観点や子育てと仕事を両立することが難しいことから、若い女性が多い傾向にあるようです。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。