歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科衛生士の国家資格を取得することで一生医療の現場で働くことができます。歯科医院に勤める歯科衛生士が多いのですが、この他には大学病院や総合病院、保健所や福祉施設などでも需要のある職業となります。また実務経験を積むことで、ケアマネジャーの資格を取得することができ、介護施設などでも働くことができるようになり、歯科衛生士の資格を取得することで、ステップアップしていくことができるようになります。 ・様々な働き方ができるのが魅力 歯科衛生士の多くは、街の歯科医院で働いているという人がほとんどでしょう。歯科衛生士を養成する学校には、毎年多くの求人が歯科医院などから集まっており、歯科衛生士が就職に困るということは、今の時点ではあまりないように思われます。また女性が多い職業となることから結婚や妊娠、育児など様々な節目の中で働き方を自由に選択することができるのも、歯科衛生士の魅力の一つです。パートやアルバイト、派遣社員などライフスタイルに合わせて働いているという歯科衛生士は多く存在します。 ・歯科衛生士の求人を見る時に注意すること 歯科衛生士の資格を取得し、晴れて歯科衛生士として働くことができるようになった時、まずは就職先を決めなければなりません。この時に求人の中で気になるのが待遇についてです。特に福利厚生に関しては、歯科医院が従業員が豊かな生活を送ることができるように、給与以外でサポートをするもので厚生年金や健康保険、各種検診費用の補助などがこれにあたります。中でも気になるのが加入する保険の種類です。健康保険といえば国保と社保があります。歯科医院の場合は少人数のスタッフで小規模経営を行っていることがほとんどとなるので、加入することができる保険をしっかりと確認しておきましょう。歯科医院が法人化していて、常勤の社員が5名以上いれば社保に加入することができます。これ以外の場合は国保になることがほとんどでしょう。 ・歯科衛生士にはメリットの多い歯科医師国保がおすすめ 歯科医院の多くは、組合で作る歯科医師国保に加入していることがほとんどです。歯科医師国保とは、職域国保と言われる国保の一種であり、特定の職業の人たちで組合を作って運営をしている保険であり、国保からは独立しているものです。医療費の負担などは国保や社保とさほど変わらないのですが、掛金が安くなったり、検診などが充実しているなど様々なメリットがあります。

歯科衛生士は歯科医院にとってなくてはならない存在です。歯科医院の数は年々増え続けている中で歯科衛生士を養成する学校には毎年多くの求人が集まっており、歯科衛生士の就職率はほぼ100%と言っても過言ではありません。本人の努力次第ではより条件のよい職場に就職することも可能となっており、歯科衛生士の市場は売り手市場と言ってもよいでしょう。ですがそんな中でせっかく就職をした職場を辞めていく衛生士も多く存在します。では衛生士が辞める理由とはどんなものがあるでしょうか。 ・ダントツで多いのが人間関係 歯科衛生士が辞める理由として最も多いのが人間関係によるものだと言われています。歯科医院の多くは院長や院長夫人、衛生士、助手などごく少人数で運営しているところが多いことから狭い人間関係の中でどうしても合わない、トラブルが多いなどの理由から辞める理由として考える衛生士も少なくはありません。 ・新人の頃は周りの当たりを強く感じてしまう 特に新人の頃は医師や先輩の衛生士などから業務を上手くこなすことができずに叱責されてしまうこともあるでしょう。また患者さんにとっては新人もベテランも関係はないので患者さんとのコミュニケーションを上手く取ることができずに心ない言葉などで落ち込んでしまうことも多くなってしまいます。この時期を乗り越えると多くの歯科衛生士という仕事にも馴れてくるので、誰しもが通る道ではあるのですが、これを辞める理由として考えてしまう人も多いようです。 ・女性が多い職場ならではのトラブル 社会人になると人間関係のトラブルなどはどの職業でもつきものですが、歯科衛生士の場合どうしても女性が多い職場となるので女性特有の人間関係によるトラブルは多くなってしまいます。中にはいろいろな意味で仲間を作ろうとするような女性もいたりすることで不快な思いをしてしまうこともあるでしょう。仕事と割り切って私情を挟むことはあまりないようにすることである程度回避することはできますが、ストレスとなり体調不良などにも繋がる可能性もあるのでこういった場合にはきっぱりと辞めて次の職場を探すのも一つの方法となります。 職場の人間関係を辞める理由にするのは気が引けるという人も中にはいるでしょう。ですがトラブルの多い職場や精神的なストレスを多く受ける職場で働き続けても自分自身の成長の妨げとなる可能性もあり、より自分に合った快適に働くことができる職場を探すことも大切です。 科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科医院で歯科医師が患者さんの虫歯の治療や歯周病の治療、矯正やインプラントなど歯に関する治療を行う際に欠かせない存在となるのが歯科衛生士です。歯科衛生士は歯科医師のサポートをする仕事であり、歯科助手とは違って患者さんの口の中に触れることができます。歯科衛生士の業務として多いのが歯石を取るクリーニングや虫歯を予防するためのフッ素の塗布であり、この他には歯磨きの方法や生活習慣の改善指導などを行います。 ・歯科衛生士になるには国家資格が必要?? 歯科衛生士になるためには歯科衛生士になるための勉強をすることができる教育機関に通う必要があり、専門学校や短期大学で3年間のカリキュラムを経て国家試験の受験資格が与えられ、国家試験に合格すると晴れて歯科衛生士として働くことができるようになります。以前まではカリキュラムは2年とされていましたが、講義と実習の向上のため現在では3年と定められています。また専門学校や短期大学の他には4年制の大学でもカリキュラムを受けることができ、全国に数多くあります。 ・歯科衛生士の求人は豊富?? 歯科衛生士を養成する学校には毎年多くの求人が来ています。歯医者さんの数だけ求人があると言ってもよいでしょう。ですから歯科衛生士の国家資格を取得することで就職は困らないと言えます。また国家資格の合格率は例年95%以上という統計が出ており、養成学校で知識や技術をきちんと身に付けることでほぼ合格できると言われています。歯科衛生士になって5年以上の実務経験があればケアマネジャーの受験資格を得ることもできるのでキャリアアップを目的に資格取得を目指す人もいます。多くの資格を取得することでより条件のよい求人にめぐり合うことができるのではないでしょうか。 ・就職が決まったら気をつけることって? 歯科医院などの求人に応募し、面接を経て晴れて就職が決まった際に気をつけることがあります。それは労働条件などを口頭ではなくできるだけ書面にして契約を交わすということです。少人数で運営をしている歯科医院の場合はアットホームな雰囲気を理由に労働条件などを口頭で交わしていることも多くあります。口頭で交わしていることで後々トラブルに発展する場合やトラブルが起こった際に上手く処理することができないなどの事態になることも予想して書面での契約書の作成をおすすめします。契約書には労働時間や残業について、休みについて、給料日や退職をする際の条件などを書く事がほとんどなのでごく当たり前のことを書く事になります。 歯科衛生士の理想の職場環境への転職相談は、ぜひDHマイライフの 無料相談カウンセリングをご利用ください。

歯科衛生士の就職率は100%と言われるほど高く、歯科衛生士を育成する専門学校などには毎年多くの求人が来ています。歯科医院の数が多いことから慢性的な人不足と言われている歯科衛生士の市場では完全な売り手市場とも言えるでしょう。ですがそんな中でもよりより条件の歯科医院などに就職をするためには個人の努力は必要不可欠です。特に採用の鍵となるのが面接であり、実際に就職を希望する歯科医院の院長や人事担当者と一対一で面接を行うことで人となりを見られ、採用の判断基準になります。ですから希望通りの就職先に採用されるためには面接対策をしっかりとしておかなければなりません。   ・歯科衛生士の面接で聞かれる最後の質問 歯科衛生士の面接に限らず、採用面接では清潔感や明るさ、向上心やコミュニケーション能力の高さを見られているのですが、最後によく聞かれるのが「何か質問はありませんか?」という質問です。院長や人事担当者から聞かれて焦った経験がある人もいるでしょう。面接の中でのやり取りの中で大半のことは知ることができ、あるいはなかなか面と向かって聞きにくいことなどもあるため「特にありません。」と答えてしまう人もいるのではないでしょうか。ですがこの最後の質問にこそが採用の可否を左右する可能性があります。最後の質問に対して最もしてはいけない答え方はやはり「特にありません。」でしょう。面接の中でどんなに自分の求める歯科衛生士像やコミュニケーション能力の高さをアピールすることができても、この時にこのような答え方をしてしまっては全てが台無しになってしまいます。相手の印象に残らなくなってしまうのです。また休みや待遇など条件面ばかりを聞き過ぎるのもあまり好ましくはありません。条件面はしっかり押さえておきたいところではありますが多く聞き過ぎるのは控えた方が印象は良いでしょう。   ・最後の質問にはどう答えるべきなのか?? 歯科衛生士の面接において最後の質問にはどのように答えるのがベストなのかですが、実際に面接をする場所が医院であれば医院の中を見て疑問に思ったこと、ホームページなどがあればホームページについて気になったことなど、歯科医院や面接に対して興味や関心をおおいに持っていることをアピールすることができる答えをあらかじめ用意してみてはいかがでしょうか。こうすることで最後までしっかりと自分をアピールすることができ好印象で面接を終えることができるのではないでしょうか。

虫歯の治療や歯周病の治療、矯正やインプラント、ホワイトニングや予防歯科など歯科医院にとっていなくてはならない存在が歯科衛生士です。歯科医師と連携して患者さんのケアをするのが歯科衛生士の役割であり、歯科医師のサポートはもちろんのこと患者さんと歯科医師をつなぐパイプの役割も担っていることがほとんどです。歯科医院の中には歯科医師の腕などはもちろんですが、歯科衛生士によって患者さんの数が増えたり、減ったりすることも珍しくはなく歯科医院は歯科衛生士を採用する際には患者さんに好まれる歯科衛生士の採用を心がけていることがほとんどです。ですが歯科衛生士の離職率は決して低いものではありません。歯科衛生士が辞める理由としては歯科医師と合わない、同僚や先輩と合わないなどの人間関係によるもの、結婚や子育てなどによるもの、そもそも歯科衛生士の仕事が合わないと感じて辞める場合などがあります。そしてこの他に多いのが患者さんからのクレームによるものです。   ・患者さんからのクレームによって心が折れてしまう   歯科衛生士が辞める理由として少なくないのが患者さんからのクレームです。患者さんにとっては医師や歯科衛生士は多くても数人です。ですが医師や歯科衛生士にとっては毎日多くの患者さんを見ていく中の一人であることから時には患者さんとのコミュニケーション不足になってしまうことがあります。業務内容の伝達や医師とのコミュニケーションが上手くいっていないことによって患者さんから「そんなことは聞いていない!」とクレームを受けることになってしまいます。歯の治療は不安や恐怖を抱えている人も多く、こういった中でさらに患者さんに不安や疑問を与えてしまうことで大きなクレームになってしまうことも少なくありません。時には声を荒げて歯科医師や歯科衛生士に苦痛や不満を訴える患者さんもいるでしょう。クレームに上手く対処することができなければその患者さんは二度と来ない可能性もあります。こうった患者さんからのクレームによるストレスが辞める理由となってしまうことがあるのです。   ・理不尽なクレームが辞める理由に繋がる   クレームの中には歯科医院側に原因があることもあります。ですが中には理不尽なクレームをぶつけてくる患者さんがいるのも事実です。ちょっとした行き違いがクレームを生み出すこともあり、あまりにも理不尽なクレームには適切な対処も必要になります。患者さんが100人いれば100通りの接し方があり、ある程度割り切ってコミュニケーションを図って行かなければならないのですが、理不尽なクレームによって辞めていく歯科衛生士がいるのも現実です。

歯科衛生士の求人を見ていると比較的高待遇、好条件といった案件が多く見られます。慢性的な人不足である歯科衛生士の市場では歯科衛生士不足を解消するためによりよい条件を提示して優秀な歯科衛生士の獲得を目指しているのです。中には育休や託児所完備など子供を持つ母親でも働きやすい環境作りなどに力を入れている歯科医院なども多くあり、歯科衛生士は女性がほとんどとなるのでこういった求人はやはり人気が高くなっています。 ・募集要項が事実とは限らない・・・ 歯科衛生士の求人には好条件、高待遇でとても魅力的な職場だと判断することができても実際に働いてみると求人と相違があったなんてことはあまり珍しいことではありません。どんなに好条件、高待遇でも続かなければ意味はなく、特に他の歯科医院から転職をした歯科衛生士の場合は前職の退職の理由を考えて求人を選び、さらに面接から採用ではしっかりと条件や待遇を確認して口頭での約束ではなく書面化した雇用契約書をしっかりともらうようにしましょう。雇用契約書があることで万が一退職を考えることになってもスムーズに話を進めることができ、歯科医院にも迷惑をかけることなく退職することができます。実際に歯科医院などで働いている歯科衛生士でも雇用契約書を作成していないことも多くあるのでできるだけ雇用契約書を作成する歯科医院を選ぶ必要があります。   ・雇用契約書の項目を知っておこう 歯科衛生士が歯科医院と雇用契約を結ぶ場合には多くの場合は歯科医院が雇用契約書の雛形を用意していることがほとんどなので自分で作成することは少ないでしょう。もし自分で作成するのであればインターネットで雇用契約書・雛形と検索すれば無料でダウンロードできるものが多くあるので自分でカスタマイズすることも可能です。雇用契約書にあった方がいいと思われる項目としては   ・就業時間・・・残業代が発生する条件など ・休み・・・祝日などがある場合の振替や有給取得の有無、方法など ・給与・・・皆勤手当などがある場合はその旨を ・賃金締切日・・・毎月いつ給与が支払われるのか ・退社の際の手順・・・何日前までに退職を告げるのか   この他には解雇に関してなどです。雇用契約書を作り歯科衛生士と歯科医院の間でしっかりとルールを設けることで不要なトラブルを防ぐことができますし、さらに条件や待遇の相違などによるストレスもなくすことができ、長く勤めることができるのではないでしょうか。 転職活動失敗したくないならDHマイライフへご相談ください。 DHマイライフのHPへGO

歯科衛生士の方の転職は比較的多いです。 アナタも転職に悩んでいるなら、今の職場を辞めるのも本気で検討するのもいいでしょう。 特に、多くの方がその職場を辞める理由に当てはまっている方は、積極的に転職を考えるのもオススメです。 職場を変えることで楽しく働けるようになった方も多いですからね。 歯科衛生士に多い職場を辞める理由についてご紹介します。 ■人間関係 歯科衛生士として転職したいとき、求人は比較的多く、転職しやすい状況はあります。 しかし具体的な求人内容は本当に様々。 アナタの希望に合うものもあれば、イマイチ合わないこともあるでしょう。 具体的にどのような求人があるのか、簡単にご紹介します。 転職前、次はどのような職場に行きたいのか、参考にするために見てみてくださいね。   ■パートとしての求人例   あるクリニックから実際に出されている、パートとしての歯科衛生士の募集です。 雇用形態は非常勤とも言われ、週に2日以上の出勤となっています。 歯科衛生士免許を持っていれば、未経験者の応募もOK。   勤務時間には様々なタイプがあります。 たとえば、「9時前から13時まで」、「14時から18時まで」などといった条件です。 この半日タイプは世間的にいう「パート」という感じで、お子さんがいる方でもムリなく働けますね。 また、雇用形態はパートとなるだけで、フルタイムで働ける場合もあります。 たとえば「9時前から18時まで」、「14時から22時まで」といった条件です。 勤務日や仕事時間は1か月ごとのシフト制になっていますので、具体的な勤務日や時間帯は応相談となるでしょう。 時給は1400円です。   その他の条件として、「交通費全額支給」や「社員登用制度あり」、「講習会費用負担あり」といったものもあります。 半日しか働けない方や、これから歯科衛生士のキャリアをスタートさせる方には、かなりオススメの求人です。   ■社員としての求人例   次も実際の例ですが、今度は正規雇用としてのものです。 勤務日数は月に20日ほどで、給料は約24万円からとなっています。 時給ではなく月給、勤務も週に何日ではなく、月単位での指定になるのは、正規雇用の特徴ですね。 勤務時間は朝9時から18時まで。 交通費は全額支給されます。 その他の待遇として、昇給は年1回。賞与は年に2回、月給3か月分が支給されます。 雇用保険や労災はもちろんのこと、厚生年金等の社保もつきます。 勤続年数に規定はありますが、一定期間勤めれば退職金もあり。 このように、パートよりも全体的に待遇がいいですね。 フルタイムで働ける方で、なるべく待遇のいいところがいいなら、このような求人をチェックするといいでしょう。   ■まとめ 以上のように、同じ歯科衛生士の募集でも、詳細を確認すると、就職後の条件や働き方がかなり変わるのがわかります。 また、実例の箇所では紹介しきれませんでしたが、その職場が一般歯科だけでなく、小児歯科も含んでいる場合、小さなお子さんへの対応も必要となる職場になりますね。 このような点も求人票に書かれていますので、それぞれ確認するといいでしょう。  

歯科衛生士が歯科医院で働く際にチェックする項目としては給与、賞与、交通費、昇給、勤務時間や休日日数、有給の有無などでしょう。ですが重要な項目があり、それが福利厚生です。そして小規模、少人数で運営している歯科医院の場合に気になるのが健康保険です。健康保険は歯科医院が法人化している、常勤の社員が5人以上いるという状態であれば社会保険に加入する義務が歯科医院にはあるので勤務する歯科衛生士も社会保険に加入することができます。これ以外であれば国民保険に加入することになるので社会保険と国民保険の違いを知っておきましょう。   ・社会保険   社会保険は一般的に社保と呼ばれています。一般企業に勤めている人が勤務先を通じて加入する健康保険と厚生年金のことで、厚生年金と健康保険の半額を企業が負担して残りの半分が給料から毎月天引きされています。社保を運営しているのは全国健康保険協会が運営する協会けんぽや企業の組合などです。社保は給与をもとに保険料が算出されています。専業主婦や子供がいる場合には夫が保険料を支払うことで妻や子供の保険証も交付される扶養というものがあります。保険料は所得に応じてアップしていきます。また出産手当金や傷病手当金などの各種給付金も要件を満たすことで全て支給されます。社保は厚生年金、健康保険の他に労災や雇用保険なども含まれているので仕事中に怪我をした場合や失業をした場合にはメリットの多いものとなります。   ・国民保険   国民保険は一般的に国保と呼ばれています。自営業の人や勤め先に社会保険がないという人は国民健康保険と国民年金に加入することになります。国保を運営するのはそれぞれの市町村となります。国保は前年の所得をもとに保険料が算出されます。このため会社を辞めて起業をした場合に国保に切り替えるとその年の保険料が負担になることがあります。保険料は加入者全員にかかってきます。社保の場合は夫が支払う保険料だけで妻や子供にも保険証が交付されるのに対して国保の場合は夫の分だけではなく妻も子供も全員分の保険料を支払うことになるので扶養という概念がありません。社保と国保の保険料を比べると一概には言えないのですが比較的、国保の方が負担が大きくなります。また国保には傷病手当や出産手当などは支給されません。勤務先の歯科医院に社会保険がない場合でも結婚していて配偶者の扶養としてもらえる場合や実家暮らしで家族の扶養としてもらえる場合には歯科医院の方で福利厚生が充実していなくても気にすることもないのですが、自分の家庭環境などを考えて考慮しましょう。

歯科衛生士としての転職を決意した後、気になるのは就職活動での「面接」ですよね。 いくら専門職でも、これをうまく通過しないことには始まりません。 しかし歯科衛生士の仕事には自信があっても、就職活動にはあまり自信がないとおっしゃる方も多いです。 そこで、面接をうまく通過するコツやポイントをご紹介しましょう。 これらを押さえれば、転職にうまくいく確率も上がりますよ。   ■実績を明確にしよう 歯科衛生士としてどのような仕事ができるのか、これは大前提としてチェックされるポイントです。 ココがあやふやでは、採用される確率は低くなりますね。   ポイントは、アナタが特に得意としている仕事内容を、数字で語ること。 「○○なら○分以内に完了できます」といった表現や、「○○を毎日○件こなしていました」など、面接者がアナタの仕事ぶりを具体的にイメージできる表現を心がけてください。 これをしっかりと履歴書に明記でき、面接中にも伝えられれば、この点では好印象。 もちろん、総合的な仕事力を見られますから、履歴書に書いた内容以外を質問されることもあります。 そちらも聞かれたら簡単に答えられるよう、事前にシミュレーションしておきましょう。 これらを押さえれば、実力を不安視されて落とされる確率が下がります。   ■基本的なマナーを忘れずに 面接では人間性をチェックされるのが基本です。 これは専門職でも変わりません。 歯科衛生士の知識と経験があっても、人間性がイマイチでは落とされることも多いですね。 ですから、常識があることを伝えるため、基本的なマナーは一通りおさらいしておきましょう。 身だしなみに問題がないのは基本として、「背筋を伸ばす」、「ハキハキと答える」など、基本的なマナーを守ってください。 ■できるだけ避けたいNG行為とは 面接中に避けたいNG行為が2つあります。 1つは、前の職場を辞める理由で、愚痴のような内容を話すこと。 転職を希望するワケは必ず聞かれます。 このとき「人間関係が悪い」や、「給料が低い」など、前の職場の悪口になるような言い方は控えてください。 後向きな方だとの印象が強く、面接に落とされることが多いです。 もう1つは、待遇についての質問を連発すること。 たとえば「給料はいくらですか?」や、「残業はどれくらいありますか?」などといった質問を繰り返すことですね。 待遇についての質問を繰り返す方は、自分への待遇にしか興味がなく、すぐに仕事を辞めてしまう方との印象が強いのです。 そのため、やはり落とされるケースが多いのです。 これら行為はなるべく控えてください。   ■まとめ 面接で押さえたいポイントをそれぞれクリアすれば、あとは誠意を持って話せば大丈夫です。 数をこなすうち、アナタと働きたいと言ってくれる職場がきっと現れますよ。 歯科衛生士として転職したい方はこれらポイントを押さえ、うまく転職してくださいね。

今回転職するにあたり本当にお世話になりました。 初回の面談時も速やかに案件を出して頂き、歯科医院様の治療方針やスタッフ構成等、面接時にも質問しずらい事項も事前にお聞きする事が出来たので、条件や環境が自分とは合いそうだなと思う医院様を面接する以前の段階で選択出来ました。 そのため時間がなく日々忙しい私にとって、大変効率良く転職活動をする事が出来、転職活動に前向きになり不安な気持ちもなくなりました。 就職が内定してからの面倒な交渉や相談にも乗って頂き、長期間勤務出来るような環境を整えて頂き心から感謝しております。 転職しようか迷っていたり、転職活動している方がいたら自分の経験を生かし、DHマイライフをご紹介させて頂きます。 今後とも相談に乗って頂く事があるかもしれませんが、その時はよろしくお願い致します。