歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科衛生士は国保が多い?歯科衛生士にメリットのある歯科医師国保とは?

歯科衛生士の国家資格を取得することで一生医療の現場で働くことができます。歯科医院に勤める歯科衛生士が多いのですが、この他には大学病院や総合病院、保健所や福祉施設などでも需要のある職業となります。また実務経験を積むことで、ケアマネジャーの資格を取得することができ、介護施設などでも働くことができるようになり、歯科衛生士の資格を取得することで、ステップアップしていくことができるようになります。

・様々な働き方ができるのが魅力

歯科衛生士の多くは、街の歯科医院で働いているという人がほとんどでしょう。歯科衛生士を養成する学校には、毎年多くの求人が歯科医院などから集まっており、歯科衛生士が就職に困るということは、今の時点ではあまりないように思われます。また女性が多い職業となることから結婚や妊娠、育児など様々な節目の中で働き方を自由に選択することができるのも、歯科衛生士の魅力の一つです。パートやアルバイト、派遣社員などライフスタイルに合わせて働いているという歯科衛生士は多く存在します。

・歯科衛生士の求人を見る時に注意すること

歯科衛生士の資格を取得し、晴れて歯科衛生士として働くことができるようになった時、まずは就職先を決めなければなりません。この時に求人の中で気になるのが待遇についてです。特に福利厚生に関しては、歯科医院が従業員が豊かな生活を送ることができるように、給与以外でサポートをするもので厚生年金や健康保険、各種検診費用の補助などがこれにあたります。中でも気になるのが加入する保険の種類です。健康保険といえば国保と社保があります。歯科医院の場合は少人数のスタッフで小規模経営を行っていることがほとんどとなるので、加入することができる保険をしっかりと確認しておきましょう。歯科医院が法人化していて、常勤の社員が5名以上いれば社保に加入することができます。これ以外の場合は国保になることがほとんどでしょう。

・歯科衛生士にはメリットの多い歯科医師国保がおすすめ

歯科医院の多くは、組合で作る歯科医師国保に加入していることがほとんどです。歯科医師国保とは、職域国保と言われる国保の一種であり、特定の職業の人たちで組合を作って運営をしている保険であり、国保からは独立しているものです。医療費の負担などは国保や社保とさほど変わらないのですが、掛金が安くなったり、検診などが充実しているなど様々なメリットがあります。

Comments are closed.