歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科衛生士というと女性のなるものというイメージがありませんか?実際女性の占める割合が確かに高いのですが、男性の歯科衛生士も近年増加傾向にあります。男性の歯科衛生士の現状と将来性について詳しく見ていきます。  

歯科衛生士は女性の占める割合が大きい職種のひとつです。そこで問題になるのが、将来子育てと仕事をどのように両立させるかでしょう。子育てしながら仕事を続けていくにあたって、押さえておきたいポイント3つについてまとめました。

歯科衛生士は転職回数が多い職種で、逆に10年以上同じ歯科クリニックで働き続けているケースは珍しい方です。圧倒的に女性が多く、結婚や出産などを機に退職する方が多いこと、専門職のため、有効求人倍率が高く、仕事が見つけやすいこ

歯科衛生士が育てしながら職場復帰を目指すとき、パート勤務とフルタイムの正社員のどちらにするかという問題があります。まだ子どもが小さければ、保育園や幼稚園に預けるための費用も必要です。一方で子どもが病気になったり、ケガをし

歯科衛生士の就職先というと、歯科医院しかないと思っている人も多いかもしれません。しかし実際には歯医者以外でも意外と就職先の選択肢はいくつもあります。歯科医院以外の職場でキャリアアップしたい歯科衛生士のために、いくつか代表

歯科衛生士は国家資格であるため、結婚や出産で退職してブランクがあっても、働けるようになったら復職したいと考える方が少なくありません。復職を成功させるには勤務先の歯科医院選びが重要です。選択肢は以前の職場にするか、別の新し

出産や育児で大変な時期は、女性が働けない期間として給付金を受け取ることができます。歯科衛生士として働きながら子育てするなら、これらの給付金の仕組みを知っておきましょう。産休や育休明けに職場復帰をしない場合、受け取った給付

歯科衛生士は仕事と子育てと両立させるために、産休制度や育休制度を大いに利用しましょう。その前に産休や育休の申請の仕方やタイミング、制度の内容について、きちんと知っておくことが必要です。また、せっかくの制度があっても、職場

歯科衛生士は女性が長く勤められる仕事ですが、離職率が高く、2回以上転職した人が半数を占めるなど転職回数が多いことで知られます。歯科衛生士の離職率が高いのは仕事と育児の両立や人間関係の悩みなどさまざまな理由がありますが、職

給与や勤務時間、休診日、有給、健康保険など、歯科衛生士の勤務条件や待遇は求人情報で確認できますが、職場の人間関係だけは実際に働いてみないと分かりません。人には相性があるので、人によっても人間関係の良し悪しは変わってきます