歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

歯科衛生士は仕事と子育てと両立させるために、産休制度や育休制度を大いに利用しましょう。その前に産休や育休の申請の仕方やタイミング、制度の内容について、きちんと知っておくことが必要です。また、せっかくの制度があっても、職場

歯科衛生士に限らず、企業などの面接で新卒ではなく中途採用になる場合には、履歴書に添って1つ1つ経歴について質問することがほとんどでしょう。その中で面接をする側が気になるのが、これまでの職場をどんな理由で退職してきたのか?

採用するかどうかを判断するために行う面接試験では、採用する側が採用される側に様々な質問をします。 歯科衛生士を採用する歯科医院でも、質問によって応募者の人となりや仕事に対する意気込みなどを見ているでしょう。 ですが採用面

歯科医院の数に対して歯科衛生士の数が不足していることから、慢性的な歯科衛生士不足に陥ってしまっている歯科医院も少なくありません。その反面、歯科医院で働く歯科衛生士は、歯科医院を辞めても次の職場が比較的早く見つかるので、同

歯科医院を経営する院長や歯科医院の人事担当者が歯科衛生士の面接を行うというのがほとんどでしょう。歯科衛生士を採用する場合には専門的や歯科衛生士としても知識や技術があるのか、国家資格を取得しているかはもちろんですが、この他

歯科衛生士の方の転職は比較的多いです。 アナタも転職に悩んでいるなら、今の職場を辞めるのも本気で検討するのもいいでしょう。 特に、多くの方がその職場を辞める理由に当てはまっている方は、積極的に転職を考えるのもオススメです

A.歯科衛生士2年目です。 11月で訳あって退職しました。 いま、就活中なのですが、自分はスキルアップを重視したいと考えています。 卒業した専門学校の先生からは完全自由診療の医院でスキルアップしたいのならここだ!と勧めら

Q.現在、歯科衛生士専門学校の3年生です。就職に関してこの3年間学んできた中で企業で勤めておられる歯科衛生士の方がとても輝いていて私も企業に就職したいと思うようになりました。最近、学院の方にも大学病院などから求人が来てい

Q.スタッフとの関係が上手く行かなくなり、退職しました。 1ヶ月前より、仕事ができない、仕事の頼み方が悪い、フォロー出来な など色々言われ、やむを得ず辞めました。辞める時は、突然辞めたので、スタッフには会っていません。

井の頭線の三鷹台駅で開業されているコーラル歯科様はマイクロスコープ、拡大鏡も用いて 精密な治療をされております。 院長先生と共に学び医院に貢献してただける歯科衛生士を募集しております。 詳しい歯科衛生士の求人募集要項は弊