歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび株式会社DHマイライフは、平成31年3月6日をもちまして、歯科衛生士の転職サポートに関する事業を、女性の

歯科衛生士の国家資格を取得することで一生医療の現場で働くことができます。歯科医院に勤める歯科衛生士が多いのですが、この他には大学病院や総合病院、保健所や福祉施設などでも需要のある職業となります。また実務経験を積むことで、

歯科衛生士は歯科医院にとってなくてはならない存在です。歯科医院の数は年々増え続けている中で歯科衛生士を養成する学校には毎年多くの求人が集まっており、歯科衛生士の就職率はほぼ100%と言っても過言ではありません。本人の努力

歯科医院で歯科医師が患者さんの虫歯の治療や歯周病の治療、矯正やインプラントなど歯に関する治療を行う際に欠かせない存在となるのが歯科衛生士です。歯科衛生士は歯科医師のサポートをする仕事であり、歯科助手とは違って患者さんの口

歯科衛生士の就職率は100%と言われるほど高く、歯科衛生士を育成する専門学校などには毎年多くの求人が来ています。歯科医院の数が多いことから慢性的な人不足と言われている歯科衛生士の市場では完全な売り手市場とも言えるでしょう

虫歯の治療や歯周病の治療、矯正やインプラント、ホワイトニングや予防歯科など歯科医院にとっていなくてはならない存在が歯科衛生士です。歯科医師と連携して患者さんのケアをするのが歯科衛生士の役割であり、歯科医師のサポートはもち

歯科衛生士の求人を見ていると比較的高待遇、好条件といった案件が多く見られます。慢性的な人不足である歯科衛生士の市場では歯科衛生士不足を解消するためによりよい条件を提示して優秀な歯科衛生士の獲得を目指しているのです。中には

歯科衛生士の方の転職は比較的多いです。 アナタも転職に悩んでいるなら、今の職場を辞めるのも本気で検討するのもいいでしょう。 特に、多くの方がその職場を辞める理由に当てはまっている方は、積極的に転職を考えるのもオススメです

歯科衛生士が歯科医院で働く際にチェックする項目としては給与、賞与、交通費、昇給、勤務時間や休日日数、有給の有無などでしょう。ですが重要な項目があり、それが福利厚生です。そして小規模、少人数で運営している歯科医院の場合に気

歯科衛生士としての転職を決意した後、気になるのは就職活動での「面接」ですよね。 いくら専門職でも、これをうまく通過しないことには始まりません。 しかし歯科衛生士の仕事には自信があっても、就職活動にはあまり自信がないとおっ