歯科衛生士の普及と活性化。生涯にわたって職を活かす。

保育園や幼稚園に預けて働いている子育て中の歯科衛生士は、延長保育を利用している方が少なくありません。園にもよりますが、早朝から夜遅くまで開園しているところもあります。しかし小学校に上がると延長保育のような制度がありません

歯科衛生士の資格者数は約25万人とされますが、そのうち実際に働いている人は約12万人と半分に満たない現実があります。歯科衛生士は離職率が比較的高い職種で、その大きな要因となっているのが、出産と育児だそうです。出産を期に職

  訪問歯科や日曜診療などサービスが多様化しており、歯科衛生士の転職を成功させるには、事前に求められるスキルや求人傾向などリサーチすることが大切です。転職理由が具体的なら就職先の条件が明確になります。必要なステ

歯科衛生士は女性の比率が高く、結婚・出産を経て子育てをしながら仕事をしなければならないという人もいるでしょう。その場合、まず子供を預けられるような保育園を確保して、この預けている時間に勤務できるような条件のクリニックを見

歯科衛生士の復職で失敗しないポイントは焦らず、給与や勤務時間などの条件を安易に妥協しないこと、人材教育に力を入れている医院中心に選ぶこと、人材紹介会社を活用することの3つです。注意するポイントを押さえていれば、不安に思う

歯科衛生士は、ほかの職場とは異なって少数精鋭の職場が多く、女性中心の環境で人間関係に影響を及ぼしやすいといわれています。離職を希望する人も多いので、普段からコミュニケーションの構築を意識する、ほかの職種に関する理解を深め

歯科衛生士の仕事は、歯科医師の診療の補助をします。この歯科衛生士は国家資格。一度、仕事を辞めたとしても再就職しやすいと言われています。 ある地域では、結婚や出産で離職した人を対象にした研修会の支援などもあり、自分が希望す

歯科医師を補助するお仕事、歯科衛生士は、子育てと両立しやすいことでも有名です。 その理由は、日曜日休診の医院が多く、子供の予定に合わせて休日を取れるため。診察が午前と午後になっている医院が多いため、勤務先が近所ならお昼ご

―歯科衛生士は復職しやすい!ブランク支援あり 歯科衛生士の魅力は資格を持っているということでお給料面がいいということです。さらに復職しやすいことがあげられます。歯科衛生士は今でこそ男性が増えてきましたが、女性がほとんどを

―歯科衛生士の転職理由ナンバー1は人間関係 歯科衛生士が転職する理由には様々あります。結婚や出産で辞めるのではなく、あくまで職場を変える理由としてのアンケート1番の理由は「人間関係」というデータが出ています。職場は一日の